真紅のモバイル生活(改)

通信費の節約などスマートフォンに関する話題を綴るブログ

MNP弾

【MNP弾】全てネット上の手続きだけでMNP弾を作ることが出来る!新しくなった日本通信の格安SIMを弾にする費用

2015/06/09

スマホ電話SIM

こちらの内容は2014年3月31日までの話になります。

参考:【MNP弾】2014年4月1日以降の日本通信についても費用を再計算してみる

昔から有名なポンツーこと日本通信のスマホ電話SIMですが、2013年12月現在ではその装いを変えて、携帯電話SIMとスマホ電話SIM フリーDateの2種類のサービスに分かれています。

それぞれ細かい点でサービス内容が変わっているのですが、ここではMNP弾とした場合にかかる費用だけをまとめたいと思います。

スポンサーリンク


消費税5%込みで計算してみる

まずはスマホ電話SIM フリーDateから。

日本通信 bモバイル スマホ電話SIM フリーData マイクロSIM [AM-SDL-FDM]
B00GOPXS2C

こちらは最低利用期間が5ヶ月となっており、4ヶ月以内の解約・MNP転出については解約金8,400円が発生します。

SIMパッケージ
3,150円
月額基本料
1,638円
解約金
8,400円
MNP手数料
3,150円
合計
16,338円

次にもう1つ新しく登場した携帯電話SIMについて。

日本通信 bモバイル 携帯電話SIM 標準SIM [AM-KD]
B00GOPY4SY

こちらは最低利用期間が10ヶ月、解約金が9,450円と、即発するには不利な設定になってます。

SIMパッケージ
3,150円
月額基本料
1,354円
解約金
9,450円
MNP手数料
3,150円
合計
17,104円

因みに旧スマホ電話SIM(LTE)の費用は以下の通りです。新規受付は終了していますが、パッケージを購入したまま開通作業を行っていない方はこちらの表のようになると思います。僕も1枚開通に失敗したのがあるんだけど開通できるんだろうか

SIMパッケージ
3,150円
LTEプラン
1,080円
月額定額980
980円
解約金
8,400円
MNP手数料
3,150円
合計
16,760円

今年規約改定されるまではこんな高額な費用はかからなかったのですが・・・
まあそれでも今のところどんなに撃ってもBL入りはなさそうですし、弾を作るのも非常に簡単なのでまだまだ使い道のある弾だとは思います。

因みに旧スマホ電話SIMはMy b-mobileからMNP予約番号が発行できて、開通手続きから最短4日ほどで予約番号を手に入れたことがあります。ていうか行動する前日まで発行するのを忘れてて、深夜に手続きを行ったらその翌昼頃には番号が書かれたメールが届いてました^^;

その結果、その日のうちに良案件を掴むことは出来ませんでしたけどねorz

-MNP弾
-,

スポンサーリンク