MNP弾

【MNP弾】auのMVNO mineoを弾にする費用を計算してみる。需要は微妙かもしれない。

Authored by GARNET

2014年10月22日追記

最新のiOSにバージョンアップするとmineoが使えなくなります。注意!

関連記事:iOS8.1にバージョンアップされるもmineoは相変わらず利用不可で死亡のお知らせ

2015年1月14日追記

2月より料金プランが変わり、これに伴ってMNP弾の費用が安くなります。

関連記事:2月からmineoの新料金プラン開始…ということはMNP弾の費用も少し安くなります

スポンサーリンク

mineoは音声プランも用意されている…ということは。

さてさて、来月新登場するau系MVNOのmineo(マイネオ)ですが、音声通話が利用可能なデュアルタイプというプランが提供を予定されています。

ということはMNPでmineoに契約を変えることも、またmineoから他社へ回線を飛ばすことも可能になるわけです。両者の表現に差があるなんてそんなの気のせいだよ。
というわけで今回はMNP弾として見た場合のmineoについて取り上げようと思います。

mineo・・・マイネオをMNP弾とするメリットは、まずau系のMVNOなのでdocomoに気兼ね無く打てることでしょう。キャリアに限らずMVNOでも、MNP予約番号の1桁目でどこのキャリアか区別が付きますので、転出先の店員に何も言わなくても転出元のキャリアはバレてしまいます。

バレると何が困るって、キャリアにしてみれば自社回線から自社回線に乗り換えられても何のメリットもないですからね。そうすると、例えば日本通信のdocomo SIMの契約からdocomoへMNPしようとしても、契約することは出来てもMNPの特典が受けられない、なんてことがあるようです。(小心者の筆者は試したことがありませんが)

確実にドコモへMNP出来る弾の種類・枠が増えたと考えるとこれは十分メリットだと思います。本家auは去年から、短期間での契約可能な回線数に上限を設けていますしね。支払い実績が2回出来るまでは2回線まで、利用者登録を利用して+1回線までとかなんとか。SoftBank嫌いな筆者にとってはかなり嬉しいかもです。

MNP費用

その肝心なMNPの費用ですが・・・

まず契約手数料が3,240円です。契約月の月額使用量は日割計算されるので契約後は即MNPしてしまいたくなりますが・・・約1年間の最低利用期間が設定されていますので、契約から12か月以内の解約・MNPは解約金として10,260円が発生します。

また、ブラックリストに載る可能性もあります。いやガチのブラックリストじゃないですけど、しばらくの期間はマイネオの契約お断り、みたいなことになるかもしれません。日本通信なんかは何度即発しても大丈夫みたいですけど、こればっかりはまだサービス開始前ですので何とも言えません。。

あと寝かせる場合にも注意が必要です。
MNPが可能なデュアルタイプで寝かせていると1か月当たり659円の余分な費用が発生します。が、このマイネオはタイプ変更するにも手数料が3,240円発生します。。これは痛い。。

ただし、今のうちに申し込み(予約)をしておくと、シングルタイプ分の月額は半年間無料になるキャンペーンの割引が受けられます。因みにこれは1人の名義で契約可能な上限の5回線とも割引を受けることが出来ます。これも想定してMNP弾のコストを計算しましょう。まずは契約後すぐにMNPした場合の費用。

mineo mnp即発費用
即発した場合は15,560円に加えて日割分もありますが、日本通信のスマホ電話SIMよりも少し安く付きそうです。
参考記事:【MNP弾】2014年4月1日以降の日本通信についても費用を再計算してみる

続いて解約金が掛からなくなるまで寝かせた場合。6月に契約したとすると、翌年の7月以降が解約金不要となります。

mineo mnpタイプ変更費用
最低利用期間は契約翌月から数えて12か月間、これに加えて契約月と解約月の月額が日割でプラスされるのでこの計算で合っていると思います。

まともに1年待っても2万超えじゃあちょっと話にならないですね・・・寝かせるのかすぐ撃つのかは、即発が何度も通用するかどうかがポイントかも。

ただ、今なら先行予約キャンペーンで、データ通信のみが可能なシングルタイプが半年間無料で使えます。デュアルタイプも半年間は1,058円割引されます。これを込みで計算すると、
mineo mnpキャンペーン費用14,988円+最大2か月分の日割なので、即発するよりも安く付く可能性もあります。

結局どうするのが良いのか

ぶっちゃけ各自で判断するしかありませんね。。
マイネオブラックになるかどうかが判明する頃には半年間無料になるキャンペーンは終わっているでしょうから。かと言って今のうちに契約して寝かせてもそこまで安くなるわけじゃないですし。

余ってるauのLTE端末があって使い道があるならまだ良いですが、もし即発で何発でも転出可能だった時は余分に枠を潰すことになりますし。だったら無料期間中に転出する・・・と、タイプシンプルからタイプデュアルへのタイプ変更手数料3,240円を取られますし。。

うーん。完全にMNP弾目的でしたら必要な時に契約してすぐ転出しちゃうのが良い感じですかね。開通から番号発行までどれくらい時間が掛かるかも分かりませんが。そもそもこれからMNPしてどこまで得出来るかも分からないですしねえ。来年の7月、あるいは8月辺りに安売りをしてくれると1年間使うのにはちょうど良いんですけどね。

まあそんなこんなで、mineoでMNPした場合の費用についてまとめてみました。終わり。

-MNP弾
-, ,

スポンサーリンク


  著者情報

GARNET

このブログを管理している人。現在のメイン端末はGalaxy S8 SC-02JとZenFone 3 Deluxe ZS570KL。GARNET CROWが大好き。企業のメディアサイトでも執筆活動中。広告掲載や執筆依頼などのお問い合わせはこちらから。

  SNSでシェアしませんか?