SoftBank・Y!mobile

【SoftBank】銀SIM化でスマホの維持費を980円まで下げる!!寝かせるなら是非やっておきたい節約技

2015/04/06 Authored by GARNET

7月頃に始まった購入サポートのおかげで、購入から短期間のうちに機種変更をしたら21,000円のペナルティが発生するとかしないとか騒がれましたが、結局のところ持込機種変更、つまり銀SIM化やみまもり化については大丈夫なようです。僕自身は試してないので実際のところは知りませんが。

スポンサーリンク

で、銀SIM化する意図なんですが、SoftBankのスマホは使わない場合の維持費も高いわけです。
例えばiPhone5などの4G LTE機種の場合は最低料金で寝かせてもこうなります。以下iPhone5を例に計算。

SB 4G LTE維持費

ソフトバンクの場合だとS!ベーシックパックとパケット定額の契約が必須のため、特に4G機種だとこんなに高くなってしまいます。
そこで、維持費が安い3Gのガラケーやスマホに持込で機種変更することにより、月月割を残したまま料金プランを変えようというわけです。

【方法】
~ガラケーの場合~
銀SIM化したいSIMカードとガラケーを持ってキャリアショップへ行き、持込機種変更をしたい旨を伝えてください。
事務手数料1,995円で現在のSIMを3G用の銀色のSIMカードに交換してくれます。
料金プランの方はホワイトプラン以外は全て外すことが出来ますので、維持費は980円となります。

~3Gスマホの場合~
手続き方法はガラケーの場合と同じです。
ただし料金プランがS!ベーシックパックを外せないのと、最低でも390円スタートのパケット定額、パケットし放題S for スマートフォンを付けないといけないので、

銀SIM化(スマホ)

このように980円となります。
※月月割は基本使用料から割り引くことは出来ません。ただし余った月月割は無料通話料代わりになります。

以上の方法で手数料1,995円と引き換えに、毎月の維持費を980円まで下げることが出来ます。
同様の方法にみまもり化がありますが、こちらは別にソフトバンクの回線を所有している必要があったりしますが、銀SIM化だとその回線単独で手続きを行うことが可能です。

注意事項として、プリペイド携帯だと持ち込み機種変更は出来ないと断られることが多いみたいです。
どうやらFAXでの手続きをお願いすると成功するらしいですが・・・
出来ることならプリペイドでない普通のガラケー端末を用意しましょう。。

iPhoneはAndroid以上に寝かせないと、MNPなど短期解約に関してはより厳しい措置を取られますので、少々の手数料を払ってでもこうして半年、あるいは1年寝かせる方が結局は維持費が安くつきます。

フラットで利用せずに寝かしているスマホ回線がある方は検討してみてはいかがでしょうか。

-SoftBank・Y!mobile
-,

スポンサーリンク


  著者情報

GARNET
このブログを管理している人。現在のメイン端末はGalaxy S8 SC-02JとZenFone 3 Deluxe ZS570KL。GARNET CROWが大好き。企業のメディアサイトでも執筆活動中。広告掲載や執筆依頼などのお問い合わせはこちらから。

  SNSでシェアしませんか?