日記・雑記

アスリート向け機能に特化した低価格なスマートウォッチ Microwear L1

Authored by KAORU

Microwearの低価格スマートウォッチL1

Microwearから発売されているMicrowear L1はプロのアスリート向けを謳っている低価格なスマートウォッチです。

SoC MTK2503に組み込まれた最新のモバイル測位システムに加え、歩数、心拍数、血圧などを計測することが可能なセンサーを搭載しています。

また重力センサーが内蔵されており、使用者の位置に基づいて、現在の気圧・高度・方角についても分析することが可能です。

技適マークが付いていない無線機器を日本国内で使用すると法令に違反する恐れがあります。特に海外メーカーの製品については取り扱いに注意してください。

スポンサーリンク

Microwear L1

CPU
Media Tek MTK2503 デュアルコア
ストレージ/メモリ
ROM 128MB/RAM 32MB
ディスプレイ/解像度
1.3インチ/240×240ドット
本体サイズ
268×48×13.6mm
重量
60g
バッテリー容量
480mAh
通信機能
GPS
Bluetooth 3.0/4.0
GSM(850/900/1800/1900MHz)
拡張スロット
最大64GBのmicroSDXCカードに対応
カメラ
30万画素

内蔵ストレージは少ないですがSDカードスロットを搭載しているので、データをたくさん保存しても容量不足に陥ることはまずないです。

Microwear L1の特徴はとにかくアスリート向けの機能に特化していることです。これだけ機能が豊富であれば、アスリートの生活を豊かにしてくれることは間違いないでしょう。

例えば、使用中に記録したデータを気圧高度測定やコンパスなどのツールを利用して分析したり、最大の特徴である心拍モニターは心臓にかかる負荷を常に把握するのに役立ちます。血圧や睡眠パターンも同じように把握することが可能です。毎日通っているGPSルートを記録し、他の端末と共有することもできます。

アスリートと言えば普段の生活だけでなく、当然スポーツについての機能が重要です。アスリート向けに特化しているMicrowear L1は、作業・走行・乗馬などの様々な動作パターンをサポートしています。そして最大12種類のスポーツ運動に応じて移動距離・消費カロリー・スピード・心拍数の変化を記録することが可能です。

nano SIMカードスロットはGSMをサポートしているので、GSM圏内では単体でも使用可能です。散歩するくらいならスマートフォンを持たずとも、時計と同じようにL1だけを身につけて行けば良いのですね。

内蔵されているリチウムイオンポリマーバッテリーの容量は480mAh。公称ではGPSで1日あたり90分間通信したとすると最大5日間使用することが可能です。

GearBestではブラック・レッド・ローズゴールド・シルバーの4色を取扱中です。記事公開時点ではいずれも6,231円で販売されています。

-日記・雑記
-,

スポンサーリンク


  著者情報

KAORU
元理学部。現理学療法養成校。あと半年でなんとか、街で独り暮らしがしたい!心理学とか占いとかを医療に応用したら、もっとハッピーになれると思う!

  SNSでシェアしませんか?