NTTドコモ

【docomo FOMA限定】一時的に通話料を安くする方法!!ドコモは1ヵ月に2回まで料金プランの変更が無料で出来る!!

Authored by GARNET

携帯電話の主な用途というのは人それぞれだと思います。
仕事でいろいろな人へ電話をかける人、インターネットで情報を集める人、家族としか連絡を取らない人・・・
僕が中学高校生くらいの頃はauのガンガンメールでメールばかりしていました。まあ相手はほぼ一人に限られてましたけど(

今回のテーマは、普段あまり家族以外に電話をかけない人が、急にたくさんの電話をかける必要が出来た場合。

普段以上にってとこがポイントですね。
プランに付いている無料通信分を軽く超えるような電話をする必要なことが事前に分かっている場合です。

仕事で出張の場合などですすかね…まあ利用シーンはさておき、ドコモの3GことFOMAをお使いの方であれば、短期間、それも1ヵ月単位などではなく1週間や3日などでも、好きな期間だけ、通話代を安くする方法があります。

例えば長期間で見て、最近のケータイの通話代が高くなってきていていることが分かれば、じゃあ来月からは無料通話の多いプランに変更しよう・・・というのが普通の方法だと思います。これは普通に皆さんがしていることだと思います。

しかしこれでは、例えばですが1ヶ月の間の1週間しか電話をする必要が無い場合、1週間を超えた分の基本使用料が余分にかさんでしまいます。

・・・とか何とかここまで引っ張って期待させておいて(?)、今回紹介する方法は特に裏技ってわけでもありませんし知っている人も普通にいるんじゃないかなあと思うんですけど、、

ドコモの場合、料金プランの変更は当日から日割で適用することが出来ます。

さらに、同月内で2回まで自由に料金プランを変更することが可能です。
※2014年1月現在3回目以降は1回につき1,050円の手数料が発生

もうお分かりでしょうか?
予め電話をする期間が分かっている場合、その1日目に料金プランを変更し、最後の日(翌日)に元の安いプランに戻せば良いのです。

ここで重要になってくるのは無料通信分がいくら付くのかということもですが、プランによって通話単価が異なるということが最も大きいです。

例えば1ヶ月を30日として、変更する期間を5日間とした場合、無料通信分がついてかつ元も安いタイプSSバリューから最も高いプランであるタイプLLバリューに変更したとして考えます。
2年縛りのときタイプLLバリューの基本使用料は6,825円、無料通信分は11,550円分です。
これが5日分だと1/6になりますから、基本料1,137.5円、無料通信分は1,925円分です。

単純計算でも、約1,100円払うことで1,900円分くらいの通信料がもらえます。

しかしそれだけではありません。先に述べたとおり、タイプSSバリューからLLへ変更することで通話単価が安くなっているのです。
FOMA新料金プラン

これを分かりやすく説明すると、SSバリューでは1,100円払っても26分しか通話できませんが、LLバリューでは1,100円で得られる無料通信分約1,900円で、約2時間分の通話料が賄えます。
つまり4倍以上の差が出てくるのです。

以上の説明でお分かりいただけましたでしょうか?
私の記憶が正しければこれはドコモでしか出来ない技です。未だにauは酷いと翌々月適用になるみたいですし

この方法のポイントは、電話をかける前に予めプラン変更をしておくことと、電話をかけ終えたならすぐにプランを元に戻すことです。

そうすることで一時的な長電話も安く抑えることが可能になります。

注意点として、プラン変更を当日適用にするとその瞬間から通話単価も変わることに気をつけてください。
既に通話した分に関して遡って再計算・・・というのは不可能ですのでご注意を。
あとこの方法を1度使って元の料金プランに戻してしまうと、次の料金プランの変更は3回目となり手数料が発生するので要注意です。

1ヵ月の間に2回料金プランの変更をするというこの方法はあまり知らない方も多いかと思うので知っていれば便利というか、損はしないと思うので是非覚えておくことをおすすめします。

-NTTドコモ
-, ,

スポンサーリンク


  著者情報

GARNET

このブログを管理している人。現在のメイン端末はGalaxy S8 SC-02JとZenFone 3 Deluxe ZS570KL。GARNET CROWが大好き。企業のメディアサイトでも執筆活動中。広告掲載や執筆依頼などのお問い合わせはこちらから。

  SNSでシェアしませんか?