SoftBank・Y!mobile

【EMOBILE】新型Pocket WiFi GL10Pと旧モデルGL09Pを比較してみた

2017/01/10 Authored by GARNET

旧ブログの方でGL10Pから検索して来られる方が結構いるようなので内容を見直してこちらにも。。
因みに未だに激安携帯電話販売店レクサスプランニングで未だにルーター一括特価のキャンペーンが行われています。GL06Pは売り上げランキング上位に来てるのにどんなけ在庫あるんだ

2014年2月現在、EMOBILEのモバイルWi-Fiルーターとして最新型の端末GL10Pは前モデルGL09Pの同様、利用する電波・月額料金・帯域制限などは全くと言っていいほど同じです。

参考記事:GL10PやGL09PのEMOBILE 4Gの帯域制限についてとGL06PなどEMOBILE LTEとの比較

ただし性能を比較してみると、バッテリーが小さくなった為、連続通信/待機時間は短くなってしまいました。

スポンサーリンク

GL10PとGL09Pのスペック比較

gl09p10p比較

公式より重要そうな項目を主観でまとめて表にしてみました。
通信方式に関しては完全に同じです。似たような機種作ってんじゃねーよって感じですね。。

因みにEMOBILEは以前はSIMフリーの端末が多かったのですが、この2機種に関してはどちらもSIMフリーではありません。IMEIを識別して契約したSIMでしか利用できないように制限が施されているようです。ゴニョゴニョすれば不可能でもないみたいですが…難しそうです。

異なっているところで真っ先に目がつくのは、連続通信時間が14時間→10時間と短くなっている点ではないでしょうか。
大幅に短くなっていますね。。

しかしその分、いやそれ以上にバッテリー容量も5,000mAh→2,400mAhと小さくなっています。
電池が切れたらただの置物と化するのになんで電池を小さくするんだ…とも思わずにいられませんが、バッテリーが半減してるのに通信時間は約70%を維持してますし、重量も48グラム:約30%カットされてるので、電力効率の意味ではコスパが非常に良いかと思います。

さらに決定的なのは、GL09Pがバッテリー内蔵なのに対して、GL10Pは取り外し可能な電池パックだということですかね。
交換が可能だとバッテリーのヘタリをあまり気にしなくとも良くなりますし、追加で電池パックを購入して携帯しておくという方法もあります。
2,400mAhが2個で4,800mAh、連続通信時間が20時間となりGL09Pを圧倒します。

まあGL09Pはその大容量バッテリーを利用してモバイルチャージャーとしてスマートフォンなどのモバイル機器を充電することも出来ますが…ほんとに充電したい人はtyんとしたモバイルバッテリーを持ち歩くと思うんだ。うん。

同時接続台数も、10台も繋がれば十分でしょう。それ以上を同時に接続する状況って想像つかないんですけど…

あとは本体操作に関してはタッチスクリーンですか。
これは…デメリットではないと思いますが、実機に触れたことがないので操作性については分かりません。個人によっても感じ方は違うだろうし。

とまあ今回は相違点についてだけ軽く書き上げてみました。
結論としては、同じ料金ならGL9PよりもGL10Pの方が買いだと思います。
ですが型落ちとなったことでこれから安売りされるかもしれないGL09Pも、これ1台での通信時間は現在あるルーターでも最長レベルなのは間違いないですし、一括特価であればこちらもまだまだアリだと思います。
何度も言いますがどちらも同じレベルで投売りされてます…どうもGL09Pは不具合が多いみたいですね。GL10Pはよく知りませんが。

また上の方で紹介したように帯域制限についてまとめた記事もありますので、そちらも参考にしていただくと良いかと思います。

最近更新頻度が落ちてますが、もうすぐ、あと2日で試験が終わりますのでしばしの間お許しを。。

-SoftBank・Y!mobile
-,

スポンサーリンク


  著者情報

GARNET

このブログを管理している人。現在のメイン端末はGalaxy S8 SC-02JとZenFone 3 Deluxe ZS570KL。GARNET CROWが大好き。企業のメディアサイトでも執筆活動中。広告掲載や執筆依頼などのお問い合わせはこちらから。

  SNSでシェアしませんか?