真紅のモバイル生活(改)

通信費の節約などスマートフォンに関する話題を綴るブログ

NTTドコモ

docomoの2年契約更新月が満了月の翌月と翌々月の2か月間の延長

2016/04/03

ZenFone Zoomのカメラ(単焦点モード)で撮影した写真

改善っちゃ改善ですね。2年経ったら一切解約金掛からないようにしろよって声が大きい気もしますが。。

今月からシェアパック5の提供を始めたり、カケホーダイライトの適用範囲が拡大したり、docomoが地味に改良しつつありますね。

まあ端末の割引が大幅に少なくなったりして全体的に見たら値上げしているようにも見えますが…

スポンサーリンク


解約金が発生しない期間が2か月間に

今までは2年契約を満了した翌月のみが更新月、つまり解約しても解約金が発生しない月とされていましたが、これがさらに翌月も含めた2か月が更新月となりました。

今年の2月に2年契約を満了したユーザーから対象になるとのことで、例えばこの3月が更新月の人は来月4月も更新月となります。

そもそも今の大手キャリアの料金体系っていわゆる2年縛りが当たり前みたいになっていますが、2年縛りがないプランもあるんですよね。それが2年契約することで、その2年間は安く利用できるっていう仕組みになっているわけです。

これ2年縛りっていう言葉が良くないんじゃないかと思いますが、契約したら最低2年は使えだとか、端末の割賦払いを終えるまでに解約した時のペナルティーとかっていうわけじゃないんですよね。まあこのブログを読んでる人なら大方理解していると思いますけど。。

端末のセット販売だとか、料金体系を根本から見直さない限りはこの更新月のシステムが残るのは仕方ないんじゃないかなあ…と某サイトのコメント欄が荒れてるのを見て思いましたとさ。

ところでauとSBはもちろん追随するんですよね?

カケホーダイライトの適用範囲拡大 → 料金プラン見直しを

例によって既存契約者の変更が適用されるのは翌月からですが、新たにシェアパック5が登場しましたね。またシェア10とカケホライトなど、今まで組み合わせられなかったプランが契約可能になるのでドコモユーザーは料金の見直しをしましょう。

GARNETの場合はシェア10とカケホで組んでるのでカケホライトに落としたいところですが、U25応援割との兼ね合いもあるので難しいところです。。

あと昨年の応援特割の割引がそろそろ切れるので(あれ?既に切れてる?)今更ですがその回線の処遇も考えなきゃです。解約金払うのも馬鹿らしいけどMNPしても旨味なさそうだし、一括0円で機種変更するのがベストなのかなあ…

そんなことを漠然と考えてます。とりあえず今週は実家に戻って税務署へ確定申告しに行ってきます。。

-NTTドコモ

スポンサーリンク