MVNO/格安SIM

DTI SIM ネットつかい放題プランとワイヤレスゲートSIM 3Mbps無制限プランの通信速度を測定&比較してみた

2016/07/01 Authored by GARNET

スピードテストを行っているスマートフォン

今月からDTI SIMのネットつかい放題プランを利用しています。

この新プランを開始した直後は通信速度が落ちたという声がちらほら聞こえてきましたが、6月7日に回線を増強していたようです。

実際、ネットつかい放題プランの料金と割引キャンペーンはかなり破壊力があったので、急激にユーザーが増えたことが大きく影響したのかもしれません。しかし今回はきっちり設備の増強を行ったということで、その増強後の通信速度を測定してみました。

また同じく容量制限がないワイヤレスゲートSIMのFonプレミアムプランについても一緒に速度を測りました。

スポンサーリンク

DTI SIMとワイヤレスゲートSIM

DTI SIM
ワイヤレスゲート SIM
データSIM料金
2,376円/月→1,317円/月(半年間)
1,680円/月
下り通信速度
最大225Mbps
最大3Mbps
通信の制御
平均を著しく超えて通信すると終日200kbps以下に制限
特になし

DTI SIMのネットつかい放題プランは月間の容量制限がありません。またヨドバシカメラオリジナルWIRELESS GATE SIMのFonプレミアムプランも同じく容量制限はありません。

それぞれのサービスを比較すると、前者は他のユーザーと比べて著しく通信量が多い場合は通信速度が制御されるのがデメリットです。

・ネットつかい放題プランは、通信量が他の利用者の平均利用容量を著しく超えるときは、通信速度が一時的に遅くなることがあります。(制御後の速度は上り下りともに200kbps以下)制御は毎日0:00に解除されます。なお、現在の利用者様の平均利用容量から換算すると、1日もしくは連続する2日の通信総量が1~3GB程度であれば制御対象にあたりません。また、DTI SIMサービスの設備上の帯域利用状況によっては、3GB以上ご利用可能な場合もあります。

後者に関しては通信速度が常に最大3Mbpsに制限されるのがデメリット。その代わり短期間に大量の通信を行っても、P2Pのような帯域を異常に占有する使い方をしなければこれ以上低速化することはまずありません。

月額料金はワイヤレスゲートSIMのほうが700円ほど安いですが、DTI SIMは6月30日まで行われているキャンペーン期間中に申込めば半年間は月額1,317円(税込)と格安で利用できます。

DTI SIMは通信を制御される可能性があります。しかし1日の通信量が1~3GB程度なら問題なく利用できます。ということは月間のデータ通信量が30GB程度なら、低速なワイヤレスゲートSIMよりも通信速度が制限されないDTI SIMのほうがコスパ良いんじゃない…?

というわけでこの2つの格安SIMの通信速度を測定してみました。もしDTIのほうが安定して速いようなら思い残すことなくワイヤレスゲートを解約できます。契約したものの全然使ってないし。。

測定条件

  • 日時:2016年6月11日(土) 8:00~22:00
  • 場所:京都府京都市左京区
  • 端末:ZenFone 2 Laser ZE601KL
  • 方法:2時間おきに3回ずつ測定、平均値をグラフ化

2時間毎に測定したこと以外は、いつもとほぼ同じ方法で測定して平均値を求めました。

測定結果

DTI DL DTI UL WG DL WG UL
8時 20.45 11.15 3.08 3.60
10時 6.62 12.74 2.76 3.70
12時 6.80 14.85 2.00 4.11
14時 6.69 12.14 2.08 3.60
16時 7.94 12.44 1.38 3.73
18時 3.16 14.01 2.02 3.64
20時 10.25 13.59 0.96 3.74
22時 5.85 13.30 1.27 3.88

左からDTIのダウンロード速度とアップロード速度、そしてワイヤレスゲートのダウンロード速度とアップロード速度です。

1つのグラフにまとめてみるとこんな感じ。

DTIM SIMとWIRELESS GATE SIMの通信速度グラフ

DTIは18時台で下りちょっと落ち込んだ以外はほぼ6Mbpsをキープしており、上下ともにワイヤレスゲートを完全に上回っています。

ワイヤレスゲートSIMは容量無制限に惹かれて契約しましたが、毎日3GB以上通信するような超ヘビーな使い方をするのでなければ、もうDTI SIMのネットつかい放題プラン一択で良いんじゃないでしょうか。キャンペーンを適用すれば半年間はこちらのほうが安くなるので、1年利用したとしてもそこまで高く付きません。

むしろ数百円余分に払って2倍以上の通信速度が出るならコスパが良過ぎるくらいだと思います。

この結果を見て、ワイヤレスゲートは心置きなく解約できそうです。

データ通信量が多い人にオススメ

DTI SIMネットつかい放題プランで3GB以上通信した DTI SIMネットつかい放題プランで5GB以上通信した DTI SIMネットつかい放題プランの通信速度

因みにDTI SIMの通信の制御について、試しに今日1日で3GB以上通信してみましたが全く速度が落ちる気配はなく、5GBを超えた辺りでようやく200kbps程度に低速化しました。

誰もが低速化することなく3GB以上通信できる保証はありませんが、少なくとも一定の通信量を超えると即低速化するというわけではありません。利用状況に応じて制御しているというのは確かのようです。

ていうかスマホで毎日3GB以上通信する人なんて普通いないでしょう。テザリングやモバイルWi-Fiルーターに挿して固定回線代わりに使ったとしても、よほどのヘビーユーザーでなければ毎日3GBも通信することはないと思います。

そろそろ半年無料キャンペーンの無料期間を終えて解約するユーザーが増えてくるので、普段の通信速度が急激に低速化する可能性は低いと思います。しかも明日14日もまた回線の増強が行われる予定みたいです。

ツイートを眺めてみると、かなり本気で設備の増強に取り組んでいるみたいです。実際爆速とは言えませんが、昼間の混雑する時間帯でも安定してそこそこの通信速度が出ていて快適です。

DTI SIMのネットつかい放題プランが格安で利用できるキャンペーンの申込みは6月30日まで。

DTI SIM 半年間無料キャンペーン

10GBクラスの大容量プランや、無制限の格安SIMを検討している人にオススメ。割引が終了して月額2,376円になっても月30GB使えれば十分コスパ良いです。

個人的に今イチオシの格安SIMです。

-MVNO/格安SIM
-, ,

スポンサーリンク


  著者情報

GARNET
このブログを管理している人。現在のメイン端末はGalaxy S8 SC-02JとZenFone 3 Deluxe ZS570KL。GARNET CROWが大好き。企業のメディアサイトでも執筆活動中。広告掲載や執筆依頼などのお問い合わせはこちらから。

  SNSでシェアしませんか?