NTTドコモ

moperaの新プランが提供開始したけど契約可能なパターンやISPセット割などについてまとめてみる

2016/07/30 Authored by GARNET

SIMカッターとSIMカード

今年6月よりスタートしたドコモの新料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」。

僕も早速手持ちの回線全てをこれ用にプラン変更して利用しました。

いやー。完全通話定額って良いですねー。通話先を気にせず、また通話時間も気にせず話すことが出来ますからね。

それに、通話にはドコモの音声回線を利用してますからね。指定通話定額を利用してauで通話しまくってた時期もありましたが音声品質が桁違い。ノイズだらけのauに比べたら物凄くクリアです。

最近ではLINEの使用頻度がぐんぐんと増えていますが、ここに住んでいるとデータ回線を利用した通話はすごく不安定なんですよ。

MVNOのSIMで200kbps通信時でも通話出来るLINEでも、この電波の届きにくい山奥では通話開始数秒後には通信が不安定な旨が表示されて音声が聞こえなくなります。(そして通話は強制終了されます。)

今はもう強制終了される前にさっさと諦めて切って、カケホーダイ回線で掛け直しています。ほんと快適。カケホーサイコー。

しかし。サービス開始初日である6月1日の深夜、GARNETは悪戦苦闘しておりました。

なお2015年11月以降、docomo端末以外でもspモードでデータ通信が可能な状況が続いています。

スポンサーリンク

moperaに繋がらない!

詳細は当時の記事に任せるとして、要はiPhoneを契約した回線はspモードしか契約出来ない、みたいな制限がいくつか存在するんですね。

おかげさまで6月1日からすぐにカケホーダイ&データ通信をNexus5で利用することは出来ませんでしたorz

まあこんなことは一般ユーザーの大部分には関係の無いコトだとは思いますが、いくらかはドコモのデータ通信端末を利用している人だっているだろうし、さらにこれからはSIMフリー端末が普及して今まで一般ユーザーと呼ばれていた人たちにも浸透し始めるかもしれません。

そうなったらISPって何?とは言ってられません。ISPに関して分からない人はググれば良いんじゃないかな?筆者も以前書いた気がしますが記事が見つからないので旧ブログで書いたのかも。。

というわけでドコモが提供するspモードやiモード、さらにmoperaを含めた各種ISPの契約の可否について、僕が実際に検証したり調べた結果をまとめておきます。

2015年4月6日追記

データ化およびルーター化は151で、moperaの申込みはMy docomoから可能でした。

時期によって状況が変わっていっているようなので、とりあえず151へ電話してみたら良いと思います。

新登場のmopera シンプルプランはデータプラン専用

とりあえず新しく登場したmoperaのシンプルプランの特徴を書き出しますと、

  • 月額216円と、従来のスタンダードプラン(月額540円)より安い。その代わりにメールアドレスは提供されない。
  • Xi契約かつデータプランのみ契約可能。
  • ISPセット割は対象外。spモードとしか組み合わせられないので、セット割対象になるスタンダードプランを契約するのと料金は変わらない。

こんな感じです。moperaシンプルは音声契約では利用出来ないようです。従って他に契約可能なISPはspモード(月額324円)のみとなりますが、それぞれの月額が162円割引かれるISPセット割の対象外ですので、2つ同時に契約すると合計540円となってしまいます。

spモードとmopera U スタンダードプランの組み合わせだとセット割が適用されて合計540円ですので料金的には全く変わりません。spモード合わせて使いたいのなら、アドレスが貰えたり音声契約でも使えたりする従来のスタンダードプランで良いですね。

Xi契約で利用するには全部で8パターン?

iモード/spモード
mopera
契約可否
ISPセット割
音声
iモード or spモード
スタンダード
適用
シンプル
×
-
なし
スタンダード
-
シンプル
×
-
データ
spモード
スタンダード
適用
シンプル
×
なし
スタンダード
-
シンプル
-

理解できると簡単だと思いますが、契約の組み合わせパターン自体はいくつも存在してややこしいので表にまとめてみました。

一応Xi契約を前提としていますが、ガラケーでの利用も想定してiモードも含めました…と言っても音声契約においてはspモードと扱いは変わりませんけどね。多分。

結局、SIMフリーのスマートフォンをデータ専用で使ったり、普通にデータ通信端末を使う場合はシンプルプランのみで契約すればOKです。

ただ同じデータ専用の使い方であっても、@docomoのメールアドレスが欲しかったり、moperaと併用してspモードも契約したい場合はU スタンダードプランの契約で良いと思います。料金は変わりませんからね。

月額216円はルーターを利用するユーザーにとっては嬉しい

以上で本題は終わりですがちょっと雑談。

moperaで利用出来るデータプランというのは、新しい料金プランで一番安く寝かせられるデータプラン(ルーター)も含んでいます。

ドコモのシェアパックを申込んで、複数回線の月々サポートをかき集めて料金節約を図ろうとしている人の中には使い道の無くなったSIMが余っていたりするのではないでしょうか。というか僕がそれです。(爆)

でもちょっと考えてみてくださいよ。もしルーターの白ロムを持っていればあるいは手に入れれば、たった216円をプラスするだけで通信が可能なSIMになるわけです。これより安い格安SIMもないでしょ?

余っているスマホやルーターで利用するために、従来のmoperaだと540円と高いのでこちらを契約するのは個人的には避けたい方法でした。しかしMVNOでも最低クラスのものでも月額が500円ほどしますし、初期費用だって必要です。ただMVNOの場合は通信可能な容量が別途与えられるので一概に損だとは言えませんが。

まあとにかく、余っているデータ通信端末を復活させる1つの手段にはなりえるんじゃないでしょうか。

因みに僕はL-02Fに1枚と、実家のPC用にUSB型のデータ端末でも調達して同様に1枚、mopera シンプルプランを契約しようかなあなんて考えています。

BICSIMは維持費が972円も掛かるし解約しようかなあ。公衆無線LANが利用出来る特典は美味しいんですけどね。あまり通信しないのであればmoperaシンプルで代用したほうが安くなりそうです。

なんせシェアパック10を契約していても半分の5GBも使ってるか?って感じの通信量ですから、我が家族は。

…で、調子乗ってルーターで使い始めるとあっという間に使い切っちゃったりするんですね分かります(他人事)。

ここまで読んでいただきありがとうございました。お役に立てたのであれば幸いです。ではでは。。

-NTTドコモ
-, , , ,

スポンサーリンク


  著者情報

GARNET
このブログを管理している人。現在のメイン端末はGalaxy S8 SC-02JとZenFone 3 Deluxe ZS570KL。GARNET CROWが大好き。企業のメディアサイトでも執筆活動中。広告掲載や執筆依頼などのお問い合わせはこちらから。

  SNSでシェアしませんか?