MVNO/格安SIM

mineoのプリペイド格安SIMのメリットは何?

2017/02/22 Authored by GARNET

BON_udewokumu20150207155743_R

まーた微妙なモノを出してきましたよ、mineoさんが。

数少ないau系MVNOのmineoがプリペイドパックを発売しました。

まあ確かにau 4G LTE回線を使うというだけで多くのMVNOと差別化されますし、それなりに需要はあるかもしれません。

というわけでプロペイドなmineoを利用するメリットをちょっとだけ、真面目に考えてみました。

スポンサーリンク

初のスマホでも使えるau系プリペイド格安SIM

B00QWKHUE6

実は本家auも昨年にデータ通信用のプリペイドSIMの提供を始めました。が、auの4Gタブレット or PCでしか使えない仕様で、実際に使用しているという声は皆無と言って良いくらい話を聞きません。

まあプリペイドなのにクレジットカード必須とかいう謎仕様でもあったのでわざわざ利用する価値はホント皆無だったと思いますが…

今回登場したmineoのプリペイドSIMはそんな制限はありません。通常契約、ポストペイドのmineoと同じようにスマートフォンでも使えますし、パッケージはAmazonで購入することも可能でクレジットカードや本人確認書類なども不要で使用可能です。やはりiOS8以降の端末では使えないと思われますが

クレカ不要もですが、スマホでも利用可能というのは大きいですね。てか特に安いわけでもないのにスマホで使えなかった本家がおかしいんだけど(

mineo プリペイドパックの料金は?

販売価格:3,456円
データ容量:1GB
利用期限:開通月の翌月末まで
月額プラン移行可能期間:同上

さてこのmineoのプリペイドパックが何故微妙かと言うと書き出したらキリがないんだけどまず、月額プラン(シングルタイプのみ)に移行可能となっていますが、逆に言うとチャージしてプリペイド契約を継続するという使い方が出来ません。は?

プリペイドを使い続けたければそのたびに新しいパックを購入してSIMを挿し換えて開通手続きを行って…としなければなりません。3,456円で1GBまではともかく有効期間は最長で2か月。流石にコスパ悪過ぎない?。。

かと言ってプリペイドをやめて月額プランに移行するのも微妙なんですよ。プリペイドから月額プラン(シングルタイプ)へ移行する手数料は無料になるのですが、そもそもシングルタイプが微妙っていう(

月額プランへ移行するのにやはりクレジットカードが必須でそれもネックですけど、音声通話可能なダブルタイプのみならずデータ通信のみのシングルタイプでも1年間の縛りがあるというのがね…。。

例えば普通にシングルタイプを契約して半年で解約したくなった場合を想定すると、

初期費用:3,240円
月額料金(最安、1GB):918円
解約清算金:10,260円

よって3,240円+918円×6+10,260円=19,008円です。これはちょうどプリペイドパック5.5個分の購入費用に当たります。つまり半年以上続けるのでなければ、あるいは毎月1GB以上通信するのでなければ、プリペイドパックを使い続けた方が安上がりということになります。

もちろん半年と言わずに1年以上使うのであれば通常契約の方が安くなりますが…

微妙やと思わへん?。。

mineo プリペイドのメリット?

ただmineoにはdocomo系MVNOのプリペイドには無い利点があります。

それはセルスタンバイ問題が発生しないので、通話機能のある端末で使っても電池持ちが悪くならないということ。

あとは何度か書いた通り、au回線を利用する格安SIMやプリペイドの中では珍しくクレジットカードが不要という点くらいかな…

セルスタンバイはスマホで使う場合は切実な問題になりますので、これとau回線を使うというのが他のプリペイドデータSIMとの差別化要因になるでしょうか?。。

mineo プリペイドのデメリット?

少なくとも現時点はチャージ用の追加パックなどは提供されず、通信し続けるには開通翌月末までに月額プランに移行するか、新しくプリペイドパックを購入するしか選択肢がありません。また再度購入した場合はSIMも取り替えないといけません。

あと月額プランへの移行手数料は無料ですが、プリペイドからは音声通話が使えないシングルタイプへしか移行できません。

通話可能なダブルタイプに変更したい場合、シングルタイプを経由して手数料3,240円を払って変更する必要があります。それなら最初っから移行せずに新規で契約しなおした方が絶対速いやん。。

しかも月額プランへの移行も、開通した翌月末までしかできないという急かしっぷり。もうちょっと待ってくれてもええんとちゃうん?。。

因みに、ただ初期コストを下げたいだけならAmazonでエントリーパッケージを買うのが良さげです。これなら通常の事務手数料3,240円を払って契約するよりも安く付きそうですし、ダブルタイプの契約も選べるようです。

mineoエントリーパッケージ
B00UT26M0Q

mineo プリペイドはプリペイドで利用するより、あくまでmineoを体験するためのお試しパックという感じですね…

結論:au系MVNOを体験したい人向け

もしくはクレジットカードを持ってないけどau端末を安く使いたいとか、セルスタンバイをどうしても避けたいって人に需要が…あるのかなあ。。

単純にプリペイド契約というのを目当てで使うサービスではなさそうです。縛りがキツいau系の格安SIMを契約する前に、3G回線が使えないauがどんなものか確かめるためのモノですね。

うーん…せめてシングルタイプくらいは縛りを無くしてほしいような。あとデータ容量も移行可能期間も4か月くらいに伸ばそうぜ。IIJmioやOCNモバイルONEのプリペイドパックがそうなんだし。docomo系とは差別化できてるから意識する必要ないってかい?。。

ネタで買うにしては面白味が無いし、個人的にはスルーだな。。

2015年3月9日追記

買いました。

参考:格安SIMを複数回線契約するなら今が得!! mineo プリペイドパックを買ってみた

-MVNO/格安SIM
-,

スポンサーリンク


  著者情報

GARNET
このブログを管理している人。現在のメイン端末はGalaxy S8 SC-02JとZenFone 3 Deluxe ZS570KL。GARNET CROWが大好き。企業のメディアサイトでも執筆活動中。広告掲載や執筆依頼などのお問い合わせはこちらから。

  SNSでシェアしませんか?