レビュー

ASUS ZenPad S 8.0 レビュー第1弾 外観&アクセサリー編

2016/04/01 Authored by GARNET

B0148KH1Q8

所有しているタブレットが圧倒的ASUS率のGARNETです。ようやくZenPad S 8.0のレビューに着手します。

8月6日に東京で行われたASUS ZenPadセミナーに参加しまして、ZenPad S 8.0と諸々のアクセサリーをいただいてきました。正確には9月末までに3回以上レビュー記事を書くと製品をそのままいただけます。書かなかったら没収です。まだこれは1記事目です。やべえ。。

まあ既に1か月半ほど使用してみた感想も織り交ぜつつ(?)いつものノリでレビューしていこうと思います。

スポンサーリンク

ASUS ZenPad S 8.0

ZenPad S 8.0_1

ZenPad S 8.0の上位モデルはAndroidタブレットとして初の4GB RAMを搭載するなどかなりのハイスペック機ですが、一方でデザインもかなり魅力的に仕上げられています。

ブラックとホワイト系の2色展開ですが今回いただいたのは全てブラック系です。

で、クラッチバッグデザインとか呼ぶそうですが、まあ見てみるのが一番分かりやすいでしょう。アップしてみるとこんな感じ↓

ZenPad S 8.0_2

非常に細かいデザインで高級感があります。ディスプレイサイズは7.9インチですが比率が4:3ということもあり、まさにクラッチバッグな雰囲気。

ZenPad S 8.0_3

Intel入ってます。隣には(Amazonで購入した)SD入ってます。

SDカードスロットはmicro SDXCに対応しているので最大128GBまでストレージを拡張できるかな?価格的には64GBが現実的でしょうけど。。

因みに本体ストレージはモデルにより異なって16GB or 32GBの2種類です。いただく予定のZenPad Sが特別に64GBだったりするのは秘密。

ZenPad S 8.0_4

前面もすごく良い感じ。

タブレットとして世界初のDTS-HD Premium Soundに対応したステレオスピーカーを備えています。5.1チャンネル バーチャルサラウンド再生が可能で…要は迫力ある高音質の音楽が楽しめるそうな。

2,048×1,536という高解像度に加えて、ASUSのVisualMasterテクノロジにより写真や映像なども高品質化。動画再生に適していそうですね。なお早速dTVをインストールした模様。

ZenPad S 8.0_5

上部にはイヤホンジャック、右側面にボリュームキーと電源ボタンがあります。

ZenPad S 8.0_6

USB Type-Cが搭載されているのが珍しいですね。充電やPCとの接続にはこれを利用します。

USB Cだとコネクターの上下を気にしなくて良いのがメリットの1つですが、従来のUSB規格の製品がそのままでは利用できないのが難点。。

まあそのうちサードパーティー製品も充実してくるでしょうけど、万が一失くしてしまって充電できなくなったりしたら困るのでもう予備のケーブルを購入しておきました↓

cheero cheero TypeC USB 3.1 ケーブル 100cm TypeC-A
B012A7T30I

あと本体は公称298gと軽量ですが、比率が4:3ということもあり片手で掴むのは少々厳しい模様。。

ZenPad S 8.0_7

(手が痛くなったので少し休憩・・・)

ただ、専用アクセサリーが結構魅力的なので、素の状態で使うことはあまりないんじゃないかと思います。

Zen Crutch & Z Stylus

ZenPad S 8.0_8

その魅力的なアクセサリーというのがこちら。

Zen Pad S 8.0専用ケース ZenCrutch を装着するとがまさにクラッチバッグになります。これももちろんデザイン性だけでなく、専用スタイラス Z Stylus を収納するホルダーが付いているなど実用的です。

ZenPad S 8.0_9

内側のカバーを開くと自動的に画面表示がONに。

逆にカバーを閉じると画面がOFFになります。

ZenPad S 8.0_10

内側にカードを2枚ほど収納できます。おサイフケータイに対応していないZenFoneシリーズと相性良し?

財布を家に置いていくかはともかく、ZenClutchを装着しているとZenPadだけ持って出掛けたくなります。いやマジで。

ZenPad S 8.0_11

Z Stylusは1024段階で筆圧を検知することが可能で、使い心地も良好。

ZenPad本体には収納できないので、基本的にZenClutchとセットで購入することを推奨、です。

まとめ的な

とりあえず今回はファーストインプレッション的な、主に外観の感想を述べました。次は性能面…か?。。

まあ性能もすごく良いんですけどね、それを除いてもここまで洒落たデザインのタブレットってなかなかないでしょう。カバーを付けたら意味ないじゃんって気がしなくもないですが、そのZenCrutchがまたカッコいいですからね。

個人的なことを言えばZenPad S 8.0でWordPress、ブログを更新できれば文句なしですけどね。LTE対応モデルが存在しないのも地味に痛いですが…まあそこはスマホのBluetoothテザリングで凌ぐとしましょう。

やってやれないことはないと思いますが、今度スマホと2台だけ持って出掛けて挑戦してみようかな。。

それはさておき、とにかくZenPad S 8.0はカッコいいです。予算さえ許せばぜひ専用アクセサリーも揃えて使ってみてほしいです。

ASUS公式オンラインショップは現在軒並み在庫を切らしてますけどね。。いや実際良い製品ですよこれ。ASUS好きが加速します。

ASUSさん、こんな魅力的なタブレットとアクセサリーをくれるなんて作るなんてほんと良い仕事してます。

…さて、まだまだレビュー書かなきゃ、、、

-レビュー
-,

スポンサーリンク


  著者情報

GARNET
このブログを管理している人。現在のメイン端末はGalaxy S8 SC-02JとZenFone 3 Deluxe ZS570KL。GARNET CROWが大好き。企業のメディアサイトでも執筆活動中。広告掲載や執筆依頼などのお問い合わせはこちらから。

  SNSでシェアしませんか?