レビュー

お洒落で機能的。iPad Air 2がピッタリ収まるInateckのフェルトケース

2017/09/23 Authored by GARNET

20151219_feltcase01

PC周辺機器を中心に販売しているドイツ企業のInateck社よりいくつかの製品を提供していただきましたのでご紹介いたします。

このブログ、今年の夏頃からやたらと問い合わせが来るようになりました。主に海外の企業から製品紹介のご依頼が多いのですが、技適がネックになることが多く今まで全スルーしていましたが…今回初めて引き受けてみました。余裕があれば他にも引き受けたいと思います。思います。大事なことなので2度(ry

話を戻して、まずはタブレットケースのレビューから。シンプルなデザインですがちょっと洒落ているフェルトケースです。

スポンサーリンク

Inateck製 フェルトケース

20151219_feltcase02

Inateckの製品はAmazonからのみ購入できるようで、このフェルトケースもAmazonから注文しました。

包装はシンプルで、中央にinateckのロゴのみ。

20151219_feltcase03

フェルトケースは一見バッグのようなデザインに見えますが、向かって左側が大きな口になっており袋状のカバーケースとなっています。

またこのケースはiPad Airシリーズのサイズに合わせて作られていますが、他にもiPad miniシリーズやMacBook、Surface向けのサイズなども用意されています。

フェルトケースと言ってもふにゃふにゃしておらず、わりと厚手でしっかりとした布地で作られています。

20151219_feltcase04

磁気バックルの部分にはinateckのロゴが。

スーパー繊維の革でできておりアクセントになっています。

20151219_feltcase05

バックルのマグネットを外して…

20151219_feltcase06

iPad Air 2を入れてみるとちょうど良い幅。キツくて入れにくいということもなく、ちゃんと計算して作られていますね。

20151219_feltcase07

あとはマグネットを元通りにパチンと留めるだけ。

端の方を1か所留めるだけですが、ケースを逆さにしてもマグネットが外れることはなくしっかりiPadを支えられていました。あまり激しく振ると飛び出すかもしれませんが、まあ普通に持ち運ぶには十分の強度です。

iPadに限りませんが、ハードケースを付けているとSIMカードやSDカードの取り外しが面倒だったりするんですよね。あと大きく、重くなるのが致命的。

使う時にケースから取り出す手間は必要ですが、タブレットをじっくり使いたいならこういったカバーケースに入れるのが良さげだなあと感じました。

因みにこのフェルトケースはタブレットスタンドにもなります。

20151219_feltcase08

写真のように外したバックルを回転させて留めて…

20151219_feltcase09

ケースの口をこんな感じに閉じると、

20151219_feltcase10

わりとしっかりとしたタブレットスタンドになります。

フェルトも革も材質が丈夫なのでタッチパネルを操作してもグラつきません。写真のように横向きだけでなく縦向きにも設置できそう。

カフェでこんな使い方をしていたらめちゃくちゃ注目されてしまいそうですが、結構実用的だと思います。

20151219_feltcase11

因みにこのフェルトケースはiPad Airシリーズ以外を収納するのは難しそうです。TransBookChi T90やZenPad S 8.0は隙間から出てきてしまいました。。

また10インチタブレットは縦横比の関係もありますし奥行きが収まりきらないと思います。YOGA Tablet2は入りきりませんでした。

ただしZenPad S 8.0はiPad miniとサイズが同じなので、iPad mini用のフェルトケースが使えそうです。あ、mini用のフェルトケースを提供してもらえば良かったなあ。

以上、Inateck製フェルトケースの紹介でした。

iPad Air 2は今までフリップカバー付きのハードケースを使用していましたが、これを機にフェルトカバーに変えました。見た目もお洒落ですし個人的にもオススメです。

-レビュー
-, ,

スポンサーリンク


  著者情報

GARNET

このブログを管理している人。現在のメイン端末はGalaxy S8 SC-02JとZenFone 3 Deluxe ZS570KL。GARNET CROWが大好き。企業のメディアサイトでも執筆活動中。広告掲載や執筆依頼などのお問い合わせはこちらから。

  SNSでシェアしませんか?