NTTドコモ

4月以降もiPadを買うならWi-Fi版よりもdocomo版を契約する方が安くできるかも。

2017/02/22 Authored by GARNET

Photo:Apple iPad Air 2_5 By:TechStage
Photo:Apple iPad Air 2_5 By TechStage

3月の後半に書いたiPadを安く買う方法についての解説記事、お陰様でかなりのアクセス数を叩き出しました。4月に入った途端にガクッと下がりましたけど、少しは役に立った?。。

逆に言うとまだ毎日いくらかのアクセスはあるので、4月~5月バージョンもまとめておきます。基本的な考え方は前と同じですが、前よりも条件が悪くなっています。

条件が悪くなってるので、前ほどのお得感はありません。また複数台購入する必要がありますし、最低でも1回線はdocomoのスマホをカケホーダイプランで契約していないといけません。

まあ条件を満たせばWi-Fi版よりも安く手に入りますし、セルラー版の方が何かとメリットはありますしね。3月中に手に入れられなかった人に向けて書いておきます。

スポンサーリンク

再びiPadの本体価格をチェック!

iPad Air2
iPad mini3
Wi-Fi
docomo
Wi-Fi
docomo
本体価格
58,104円
74,520円
46,224円
62,856円
家族まとめて割
-
▲10,800円
-
▲10,800円
割引後の価格
58,104円
63,720円
46,224円
52,056円
月々サポート
-
▲61,560円
-
▲62,856円

今回は家族まとめて割くらいしか適用可能なキャンペーンがありません。また新規契約でも1台当たり10,800円の割引となっています。機種変更は5,400円/台 の値引き。。

これだけだとまだ同じ容量のWi-Fi版よりも約6,000円高いです。しかも契約には手数料3,240円が必要なので実質9,000円ほど高いことに。これに加えて月々の利用料金も発生します…が。

今回注目するのはその毎月の利用料金の方です。iPad本体の価格はこれ以上頑張っても大きな割引は望めません。なので月々サポートに頼ります。

毎月の最低料金は?

iPad Air2
iPad mini3
データプラン(ルーター)
1,296円
シェアオプション
540円
月々サポート
▲2,565円
▲2,619円
合計
-729円
-783円
24か月合計
-17,496円
-18,792円

1台でもカケホーダイプランを契約している回線を持っていれば、2台目となるiPadではパケットパックを契約せずにシェアオプションで済ませることが可能です。

さらに契約後、翌月からデータプラン(ルーター)に変更すれば上記のように毎月の料金はマイナスになります。これが2年間積み重なると約1.7万円にもなります。

このマイナス分に関してはデータパック、あるいはシェアパックを契約している親回線の料金から割り引かれるので、1円も無駄になることはありません。

というわけで、このマイナスを考慮に入れればWi-Fi版を買うより安いということになります。

まあ安いと言っても微妙なラインですが…

セルラー版ならGPSが付いていたり、あとdocomoのMVNOで使えるのでもしiPad単体で通信したくなった時に格安で利用できるのがメリットです。これがどれだけ魅力的に感じるかですね。。

ところで料金面で多少得になることは分かりましたが、そのためには1つ条件をクリアする必要があります。

で、もう1台何を買う?

ここまで家族まとめて割が適用できることを前提で話を進めてきましたが、これを適用するためには新規でも機種変更でも構いません。とにかくもう1台スマホかタブレットを契約する必要があります。

参考:2015年4月のdocomo割引キャンペーンについてまとめ

因みに必ずしも同時に購入する必要はなく、4月1日~5月31日の間に同じシェアグループに属する2回線以上で購入すれば適用可能です。ただし購入手続きの際に要申請、条件を満たすと本体の値引きではなく、月々の料金から同額が割り引かれます。

まあいずれにせよ、何かもう1台は買わないといけないわけです。前回は機変でも安いiPhoneがありましたが、現在一括価格がアホみたいな価格になっているのでコレは買う気が起きません。。

さて、どうしたものか。

他社から乗り換える場合

  • Xperia Z3 Compact SO-02G
  • SH-01F DRAGON QUEST
  • Disney Mobile on docomo SH-05F

現在auやSoftBankなど他社でスマホを使っている場合はもうdocomoに乗り換えちゃいましょう、そうしましょう。それが簡単です。

現在上記3機種が端末購入サポートという割引の対象機種となっているため、この3機種なら比較的安く手に入るのではないでしょうか。家族まとめて割が適用されるだけで一括0円になるはずで、+CBも狙えるでしょう。

一例としてSO-02GがMNP一括0円だったと仮定し、iPad mini3の新規とセットで2台契約した場合の総コストを求めておきましょうか。

SO-02G
iPad mini3
契約手数料
3,240円
3,240円
本体価格
0円
52,056円
初月(日割)
基本プラン
2,916円
1,836円
ISP
324円
324円
パケットパック
10,260円
540円
合計
13,500円
2,700円
2~25か月目
基本プラン
2,916円
1,296円
ISP
324円
-
パケットパック
3,780円
540円
月々サポート
▲378円
▲2,619円
合計
6,642円
-783円
2台合計
5,859円

初月の基本料金やパケットパックの料金は日割になるので、実際はこれより安くなります。またiPad mini3の52,056円については、週末の量販店等で契約すればさらに店舗の割引が入るかもしれません。

逆に今使っているキャリアからMNP転出手数料や、場合によっては解約金も請求されるかもしれませんがそこは省略。まあSO-02GのCBで相殺できることを期待しましょう(ぇ

既存ユーザーの場合

既にdocomoを使っている人なら、同じく端末購入サポート機種などに機変しちゃっても良いんですけど。

既にシェアグループを作っている場合限定になりますが、新規でもう1台契約して端末は売却しちゃう方法があります。契約費用は売却費である程度まかなえます。

それだけだと収支はマイナスになりますが、この2台目もシェアグループに組み込んで、月サポの割引で維持費をマイナスにしてしまえば良いのです。

そのもう1台に適しているのはiPad mini3です。記事公開時点で16GBゴールドの買取価格は4.7万円。本体価格と最も差額が小さそうです。

どっちもmini3ですがこれで計算してみると…

iPad mini3
売却用mini3
契約手数料
3,240円
3,240円
本体価格
52,056円
52,056円
売却価格
-
47,000円
合計
63,592円
初月(日割)
基本プラン
1,836円
1,836円
ISP
324円
324円
シェアオプション
540円
540円
合計
2,700円
2,700円
2~25か月目
基本プラン
1,296円
1,296円
ISP
-
-
シェアオプション
540円
540円
月々サポート
▲2,619円
▲2,619円
合計
-783円
-783円
2台合計
-1,566円
24か月合計
-37,584円

初月の日割り分が乗っかってくることを考慮しても、ほぼ3万円くらいでiPad mini3が買えたことになります。シェアグループ加入が前提で、そっちの費用は考えてませんが。。

まあ既にシェアグループがあるなら、Wi-Fi版を買うよりも1~2万円ほど得ってことです。

あとiPad単体で通信したい場合はデータプラン(タブ)に変更してspモードを契約しても良いですが、総容量で考えるとDMM mobileやIIJmio辺りを契約した方がコスパが良いのでこういう選択肢もアリだと思います。

選択肢の一つとして

年度末よりは旨みが減っていますが、Wi-Fi版を定価で買うよりはマシかもしれません。機能面ではセルラー版の方が上ですし。

シェアオプションを使った維持費削減なんかはauにはできない芸当で、これが使える時点で維持費は0円みたいなもんです。え、SoftBankと契約って何の罰ゲーム?

型落ちや中古で良ければヤフオクでも探せば良いけど、結局新型だと結構な値を張ったりするしね…

まあiPad mini3、もしくはAir2を安く買いたいなら、docomo版を契約するのがまだ選択肢の一つにはなるんじゃないかな?。。

-NTTドコモ
-,

スポンサーリンク


  著者情報

GARNET
このブログを管理している人。現在のメイン端末はGalaxy S8 SC-02JとZenFone 3 Deluxe ZS570KL。GARNET CROWが大好き。企業のメディアサイトでも執筆活動中。広告掲載や執筆依頼などのお問い合わせはこちらから。

  SNSでシェアしませんか?