MVNO/格安SIM

神プランは月額298円!?5月末までに格安SIMを申込むと半年間500円引きされるロケットモバイルについての所感

Authored by GARNET

格安SIMのMVNO ロケットモバイル

一見すると業界最安クラスの料金設定で良い感じに見えますが、ちょこちょこ気になる点もあります。。

格安SIM業界に新しく登場したロケットモバイルは月額298円(税抜)の神プランを始めとして、業界内でもかなり低価格の料金プランで切り込んできました。

新興なのにこんなので採算取れるのだろうかとか思いつつ、でもまあ安いのはユーザーにとって嬉しいことですし、サブ回線用に契約するのはアリなんじゃないでしょうか。メインに据えるのは怖い気がします。

でもGARNETはFiiMoのSIMを開封すらしてないので遠慮しておきます(ぇ

スポンサーリンク

料金プランは最安298円/月の業界最安級

格安SIM ロケットモバイルの料金表

ロケットモバイルの特徴はいろいろとありますが、まず料金がめちゃくちゃ安いです。ていうかめちゃくちゃDMM mobileを意識した設定になっています。

通信速度が最大200kbpsに制限される神プランに関してはDMM ライトプランの完全上位互換となっており、税抜価格で142円/月安い上に3日間制限もありません。(本当に安定して200kbps出るなら)素晴らしいですね。

1GBプランはちょっと高めですが、3GB/5GB7GBプランはDMMよりも10円ずつ安く設定されています。因みにSMSオプションの料金はDMMと同じ月額150円(税抜)です。

ただし3日間制限に関してはかなり厳しい仕様になっています。

通信容量が残っていても通信速度が制限される3日間制限

プラン名
高速通信可能な容量
3日間制限の閾値
1GBプラン
1GB/月
360MB/3日間
3GBプラン
3GB/月
500MB/3日間
5GBプラン
5GB/月
800MB/3日間
7GBプラン
7GB/月
1GB/3日間
(楽天モバイル 5GBプラン)
5GB/月
1GB/3日間
(NifMo 5GBプラン)
5GB/月
1,100MB/3日間

IIJmioやDMM mobileなどにもいわゆる3日間制限は存在しますが、データ容量が使い切るまでは低速化することはありません。ただし低速通信中の通信量が3日間当たり366MBを超過するとさらに超遅くなります。

参考:最大200Kbpsの低速通信時に366MB以上のデータ通信を行うと通信速度はどうなるのかDMM mobileの3日制限について調べてみた!!

一方で楽天モバイルやNifMoの3日間制限は高速通信中にも適用されます。つまり追加のデータ容量を購入しても解除することができず、短期間に大量通信を行うことが不可能なのです。

ロケットモバイルはどちらかと言えば後者で、通信容量が残っていても通信量が規定値を超えると制限される可能性があります。そしてその閾値は他社と比べても比較的厳しめの数字となっています。

ただし楽天モバイルやNifMoと違って必ず制限するというわけではないらしいので、この辺りは実際に利用したユーザーの報告待ちですね。…気になるな、やっぱり契約して自分の目で確かめてみようかな。。

あともう1つこれに関連して面白い仕様があります。

当月中にプラン変更すれば3日間制限も緩くなる

ロケットモバイルの料金プラン変更システム

普通のMVNOでは料金プラン(データ容量)を変更しようとしても適用されるのは翌月からになります。すぐにデータ容量を増やしたい場合は、料金が割高でも追加容量を購入するしかありません。

しかしロケットモバイルなら当月から容量が大きいプランへ変更することが可能です。しかも当月中は変更前の月額料金のまま、変更後のプランとして利用できます。これならかなり割安で容量を増やすことが可能で、ついでに3日間制限の閾値も緩和されます。

ただしこれは容量が大きいプランへ変更する場合のみ可能な方法で、下位プランへ変更する場合は従来通り翌月からの適用となります。また「今すぐプラン変更」を行った月は「翌月からプラン変更」はできません。

それでも1GB当たり約1,000円払って容量を追加するのに比べればかなりお得です。これは良いシステムだと思います。

ただ1つ気になるのは、変更前のプラン料金を請求するなら図の「1,560円お得!」の数字はおかしくなかろうか。1,810円なんじゃないの?些細なことだけども。

ロケットスタートキャンペーン

この5月中にロケットモバイルを申込んだユーザーを対象に、ロケットスタートキャンペーンという割引施策が行われています。

契約翌月から半年間、基本料金を上限として毎月500円(税抜)割引かれます。神プランならユニバーサルサービス料のみ、1GBプランでも月額100円以下で利用できます…が、元の料金が安いわりにインパクトに欠けるキャンペーンですね。。

これならSMS付きデータSIMの3GBプランが半年間無料になるDTIを契約したほうがよっぽど安く運用できます。

正直旨味がほとんどないような…ユーザーが少ないうちはロケモバのほうが快適に通信できるというメリットはあるかもしれませんが、MVNEがSo-netということであまり期待できない気がするのは自分だけでしょうか。。

前代未聞、空前絶後の通話プランを提供予定?

あとこれは推測ですが、2016年7月に業界に未曾有の激震が走るほどの前代未聞、空前絶後の通話プランを提供開始する予定らしいので、そのタイミングでまた何かキャンペーンをやるんじゃないでしょうか。もう完全に推測ですが。

安いデータSIMが欲しいならDTIで良いし、通話SIMを契約したいなら前代未聞空前絶後の通話プランを待てば良いので、無理にこのロケットスタートキャンペーンを狙って申込む必要はないと思います。

まあキャンペーンは置いといて、これだけ煽りまくっておいて一体どんな通話プランを打ち出してくるのかは楽しみですねえ。プレフィックス前提でなければ良いのですが、前代未聞じゃあ当たりっこないので予想するのはやめておきます。

ロケモバポイントを貯めて料金を安くできる

料金関係の特徴としてもう1つ、ロケットモバイルではポイントプログラムが用意されています。アプリのDLや会員登録、アンケートの回答などでロケモバポイントが貯まり、通信料に充当できるというシステムです。

1ポイント=1円で通信料を割引くことができて、最大限に適用すると月額0円も可能だそうです。他のMVNOだとNifMoもこういうのをやっていますが、まあ珍しいサービスですね。

だからって料金表に「ポイント使用後0円」と書いちゃうのは正直どうかと思いますが…最大で0円、ですよね。表現にちょっと問題があるような。。

あとポイントの利用期限について。

ロケモバポイントは1ポイント=1円として、毎月の通信料金から割り引くことが出来ます。(1ポイントから利用可能です。)また、余ったロケモバポイントは繰り越しが可能です。また利用期限もありません。(※1)

アプリダウンロードや会員登録などのお手伝い案件は、月間のべ約5,000件以上配信されます。(※2)
あなたに合った案件を選んでお得にポイントを貯めることが出来ます。

※1:直近でポイントを獲得した日から、180日間新たなポイントの獲得が行われなかった場合、保有ポイントは消滅します。
※2:iOS向け約80アプリ、Android向け約100アプリ、無料広告(会員登録、資料請求、無料カード発券等)100件、有料会員登録・商品購入系200件、その他50件が、約10社のパートナーから配信されます。

180日間ポイントの獲得がなければ消滅するのに、これ利用期限がないって言えるんでしょうか??

なんか「容量無制限(3日間制限あります)」に通ずるものがあるんですが…

一応隠さずに書いてあるので大したことではないかもしれませんが、個人的にはこういう表現が嫌いです。。

全体的に悪くないと思うけれども

業界最安基準の料金プランは魅力ですが、ちょくちょく引っ掛かる部分もあります。。

割引額で釣るならDTIのほうが圧倒的に上手ですし、今のところあえてロケモバを選ぶ理由はないと思います。

「DTI SIM」を半年間おトクに使える“どっちもおトク!キャンペーン”

5月末までという申込期間も短すぎるので、内容は劣化するかもしれませんが来月以降もキャンペーンを展開するんじゃないかと勝手に予想しておきます。まあこれも、もはやテンプレ化してる流れですけどね。。

速度が安定していて大量に通信しても大丈夫なら、神プランを契約してみる価値はあるかもしれません。

ただそれもユーザーが増えたらどうなるか分かりませんし、割引額も少なくなってしまうのでやっぱり急いで契約する必要はないんじゃないですかねえ…

当月からプラン変更が適用できるのは結構魅力的なので、期待したいMVNOではありますけどね。

-MVNO/格安SIM
-

スポンサーリンク


  著者情報

GARNET
このブログを管理している人。現在のメイン端末はGalaxy S8 SC-02JとZenFone 3 Deluxe ZS570KL。GARNET CROWが大好き。企業のメディアサイトでも執筆活動中。広告掲載や執筆依頼などのお問い合わせはこちらから。

  SNSでシェアしませんか?