レビュー

掛けると目が疲れない!掛けていても疲れない?!Zoff PC ULTRAでブルーライトをカットしました!!

2017/06/17 Authored by GARNET

これ買って大正解。

先月ブルーライトカットメガネを新調したGARNETです。今までELECOM製の安い度なしレンズのを使ってたんですけど、いろいろと不便な点がありまして。

毎日PCに加えてスマホやらタブレットやらを弄るので結構目を酷使してる実感が…なので目を保護するためにブルーライト対策が必須です。そのために1年位前からPCメガネを使用しています。これあるのと無いのとでは全然違いますからね、それを新調しようかと思ったのですが。

実は度入りのほうに関しても新しいのが欲しいなーと思って4月頃からリサーチを続けていたんですね。その結果、ZoffのPCメガネに辿り着きました。

このZoff PC ULTRA、あらゆる点で優れています。もう全力でオススメします!

スポンサーリンク



度なしメガネの弊害

ELECOM ブルーライト対策眼鏡 ブラウンレンズ オーバル ネイビー OG-FBLP02NV
B00A6JAL6I

本題に入る前に、今まで使っていたブルーライトカットメガネを使っていて困った点について。因みに今まで使ってたのは↑ね。

実はGARNETってメガネ歴浅いんですよ。浅いつもりです。自分が掛けるようになってようやくメガネ萌えが少し理解できるようになったところです。まだたった4年です。え、4年って長い?。。

別に今でも日常生活なら裸眼で全く問題ないんです。さすがに外出、特に運転する時なんかは絶対に度入りのメガネを掛けますけどね。

…とは言え、度入りのメガネを掛けてなくてもある程度見えちゃうわけです。

そうすると、度が入っていないブルーライトカットメガネを掛けたまま出掛けることが何度かありまして。家を出てすぐには気付かないんですよね、歩き慣れた道ですと。。

で、気付いた頃にはもう家にメガネを取りに帰ってられないくらいのところまで来てしまってるわけです。掛け間違えた日の実験はもうリアルに泣きそうになりました。※予備のメガネは度が強いのです。。

そうでなくとも安物ですし、レンズの汚れや傷が目立つようになってきていてこちらも新調したかったのです。まあ安物だからって手入れを怠っていたのは否定できませんが(ぇ

なので、いっそ新しく度入りのPC用メガネを買えば全て解決するんじゃね?と思ったわけですよ。度入りならそもそもブルーライトカット用のメガネを使い分ける必要が無くなります。手入れするのも1つだけで済みます(

そんな感じで、ブルーライトカット仕様の度入りメガネを検討し始めました。

Zoff PC ULTRAはクリアレンズで高カット率

Zoff PC ULTRAの特徴

結論から言うとGARNETはZoffで好きなメガネフレームを選び、+5,400円で度入りのブルーライトカット仕様にできる「Zoff PC ULTRA」を購入しました。

Zoff PC ULTRAはオプション扱いなので、基本どのフレームでも対応可能なのです。てか対応レンズの在庫が無い場合でも1週間ほどで用意してくれるそうです。

そのZoff PC ULTRA最大の特徴がクリアレンズなのにブルーライトカット率が約50%という高カット率。最も優れている点でもあります。

度入りのクリアレンズ、しかも約50%の高カット率はどこ…を探してもZoffだけです。因みに度なしでも同じカット率、こちらは+3,240円の追加料金で対応可能です。

他社の似た製品、例えばJINS PCだと度入りメガネのブルーライトカット仕様はカット率約45%。

JIN's オンラインショップ

しかしカスタマイズ内容や度数によっては約30%まで下がってしまうようで…

ブルーライトカット率だけで見たらZoff PC ULTRAの方が優位です。まあ細かい数字はあまり気にしませんでしたけどね。

しかしZoffを選んだ理由はそれだけじゃありません。

反射してブルーライトを軽減!!

Zoff PC ULTRAがブルーライトを50%カットする仕組み

Zoffのクリアレンズにはもう1つ大きな特徴があります。

Zoff PC ULTRAは数あるPCメガネの中でも唯一(と、店員さんが言ってました。)、ブルーライトを反射させることで透過率を約50%軽減します。

透過するブルーライトも吸収することで弱めますが、主に反射させることでブルーライトをカットするのです。

そもそも一般的なブルーライトカットメガネは、レンズに黄~茶色っぽい色を付けることで青色光を吸収しています。この色付きレンズって本人は慣れたらあまり気にならないんですが、周りから見ると結構気になります。てか強面の方が掛けていらっしゃったら普通にビビります。

まあ冗談は半分くらいにしておいて、クリアレンズは見る側も自然に見えます。ブルーライトをカットすることには違いないんですが、ディスプレイを見ていない時なんかは特に、元のレンズが色付きになっているよりはだいぶ自然に見えます。このクリアレンズでありながら高カット率なのを支えているのがブルーライトの反射技術というわけですね。

実際にPCのディスプレイを素で見た状態と、レンズを通した状態が分かりやすいように写真を撮ってみました↓

ZoffPCultra (5)

ブルーライトを反射しているのでしょう、レンズを通すと黄色っぽく見えます。因みに上部に青く線状に薄っすら光っているのが見えるかと思いますが、この反射している様子は掛けている時にも見えることがあるのでその点は注意。

その他に光源以外、壁を背景にしてみた場合↓

ZoffPCultra (6)

机に置いてみた場合↓

ZoffPCultra (2)

こっちだと完全にクリアなレンズに見えますよね↓

ZoffPCultra (3)

光の当たり方によっては黄色っぽく見えたり反射して青く見えたりもしますが、レンズ自体はクリア、無色なのが分かると思います。

なので普段外を歩いてる時に掛けていても全くと言って良いほど違和感がありません。さっきチラッと書いた、光源を見るとブルーライトが反射して薄っすらと青く光るのが見えるくらいですね。慣れれば普通のメガネと変わりありません。

メガネを掛けているのに疲れない!

GARNETがたまたま選んだフレームが軽かったからというのもありますが、これメガネを掛けていることによる疲れを全然感じないんですよね。

因みに↑のフレームを購入したわけですが、一般的なメタルフレームよりも約30%軽量なステンレスフレームだったらしいです。ストレスフリーなステンレスフレームらしいです。ほう、知らなかった(

テンプル(つる)が細くて軽そうなフレームを店中探した結果これを選びましたが、Zoff公認の軽量フレームだったみたいです。いえい。

テンプルの先もラバー素材で軟らかくなってるんですよね。なので締め付けられて痛くなるようなこともありません。まあ自分の場合は実店舗で購入したのでしっかり調整してもらってるのもあるかもですが…

むしろこのメガネに変えてから基本ずっと掛けっぱなしです。家にいると掛けていることを忘れてしまってます。。でもこれなら度が入ってるのでそのまま出掛けても無問題、当初の目的達成です!

度入りのブルーライトカットメガネとして推してきましたけど、度なしも全く同じ性能のモノが買えますからね。普段メガネを掛けない人も安心して買えるんじゃない?

因みにですが、Zoff PC ULTRAよりも安価なZoff PC CLEAR PACKというのもあります。てかAmazonにも取り扱いがあります。

【Zoff PCクリアレンズ・パック】3Dフィットテンプル採用のパソコン用メガネ PCメガネ スクエア(度なし)(BLACK)
B00Y9INBQY

カット率は約36%に落ちますが、ULTRAと同じようにブルーライトを反射させるクリアレンズ仕様。このクリアパックシリーズの最新モデルは7.2gの超軽量なんだとか。俺のフレームは何gだろう、スケールないから分かんないや(

旧モデルならもっと安く買えるみたいですし、度なしで構わない人はそっちもアリですね。

ブルーライト対策にオススメ!!

度入りのPCメガネはこれが初めてですけどホント買って良かったです。ちゃんと大事に扱います。いや普段から大事に扱ってますけどね?

調べていてびっくりしたのが、ネットで度入りのメガネを買えるってことですよ。ほら、俺ってメガネ歴浅いからメガネ自体あまり詳しくないのよ。処方箋とかさえあればリアル店舗に行く必要が無いなんてびっくりだよ。。

もし調整が必要な場合は店舗に行けばフィッティングしてくれるらしいし、わざわざバスと電車と乗り継いでまで買いに行く必要無かったかも?と思ったけどGARNETの場合は処方箋を手に入れるのにバスと電車と乗り継がなきゃダメでした(

というわけで、バスも電車も乗らなくて済む人はオンラインショップで購入することもできますよー。

Zoff 公式通販サイト

以上、Zoff PC ULTRAを1か月くらい使ってみた感想をお届けしました。

これ自信を持ってオススメできます!

-レビュー
-,

スポンサーリンク


  著者情報

GARNET

このブログを管理している人。現在のメイン端末はGalaxy S8 SC-02JとZenFone 3 Deluxe ZS570KL。GARNET CROWが大好き。企業のメディアサイトでも執筆活動中。広告掲載や執筆依頼などのお問い合わせはこちらから。

  SNSでシェアしませんか?