MVNO/格安SIM

DMMモバイルのプランが全10種類に!業界最安値はダテじゃない!!

2016/12/22 Authored by GARNET

Photo:Berlin Victory Column (Siegessaule) By:VoxLive
Photo:Berlin Victory Column (Siegessaule) By VoxLive

公式サイトに反映されたようなのでざっくりまとめます。

先日7GBプランの値下げを行ったDMMモバイルですが、7月2日より新プランの提供を開始しました。また1GBプランは30円ほど値下げされました。すげえなおい。

格安SIM界において最安値クラスと自称するDMMモバイルですが、本当に言うだけのことがあります。これぞ格安SIM!って感じです。

ただそろそろプランが多過ぎてややこしくなってきたような…

もうちょっと価格設定を練るか、いくつかなくしても良いんじゃね?って思うプランがあるのはGARNETだけですかね。。

スポンサーリンク

低価格の5プラン+大容量の5プラン

今回DMMモバイルは低速通信のみが可能な低価格プランを1つと、15GBと20GBという大容量のプランを2つ追加してきました。

これで全10プランということになります。インフレし過ぎだろ、ていうか価格設定的にもうちょっと数絞れるだろ!というのが本音ですけどね。。

因みに公式はデータプランと音声プランを区別しているので本当は全20プラン、業界最安かつ業界最多なんて謳っちゃってます。もうどうでもええわ。

まあ利用可能なSIMの枚数でプランを分けるとちょうど5:5になるのでそこで分けて見てみましょうか。

SIMが1枚のみ利用可能な低価格プラン

プラン
ライト
1GB
2GB
3GB
5GB
月額
475円
680円
831円
918円
1,371円
SMS
+162円
音声通話
+756円
+680円
+756円

ライトプランのみ通信速度が常時200kbpsに制限されますが、その他のプランはプラン名通りの容量だけ毎月高速通信が可能です。

高速通信のON/OFFは任意に切り替えることが可能で、OFFにしているかデータ容量を使い切ると通信速度が最大200kbpsに制限されます。

ライトプラン

データ通信のみ
SMS付き
音声通話付き
月額
475円
842円
1,231円

新プラン第1弾。月額475円で利用可能ということで注目が集まっているようですが…

しかしこれも366MB/3日制限の対象みたいなんですよね…

なのでそこまで魅力はない気がします。

ただし、いざという時にはWEBから追加チャージを行うことで高速通信を行うことも可能です。この辺がワイヤレスゲートなど他社との差別化になってるか?。。

本当に滅多に使わない、一番安い料金で維持したいという場合にはオススメできます。多分。

1GB

データ通信のみ
SMS付き
音声通話付き
月額
680円
842円
1,360円

標準で高速通信可能なプランとしては業界最安値です。NifMoの1.1GBプランに対抗して値下げしましたね。

まあ現在はCBキャンペーンを行っているNifMoの方が得な気がしますけど、その話については↑の記事に任せるとして。

タイトプランで追加チャージが可能と書きましたが、チャージは216円/100MBから可能です。なので高速通信を行うことが前提であれば、ライトプランよりもこっちの1GBプランの方が安く済みます。

地味に音声契約が安く設定されていたりしますし、やっぱり1GBプランの方が無難だと思います。

いや高速通信なんていらねーわと思ったら、後からでもプラン変更は可能なのでそうすれば良いと思います。

2GB

データ通信のみ
SMS付き
音声通話付き
月額
831円
993円
1,587円

1GBでは足りない人向け。

1GBか3GBのどちらかで良い気もするけど、他社の最低ラインが972円/3GBが多いことを考えると831円/2GBのプランもあって悪くない気がする不思議。

(↑前回記事の説明文をコピペ)

3GB

データ通信のみ
SMS付き
音声通話付き
月額
912円
1,074円
1,668円

2GBプランとの差額はたった+81円/月です。それだけでデータ容量が1GB増えますから2GBプランを選ぶならこっちで良い気がします。

データ容量当たりの価格は確かに安いのですが、他社はほぼ同じ価格帯で公衆無線LANサービスを無料で提供していたりします。

出先でWi-Fiを利用したい場合はBIC SIMなど他の格安SIMの3GBプランの方がコスパが良いかもしれません。

5GB

データ通信のみ
SMS付き
音声通話付き
月額
1,371円
1,533円
2,128円

3GB~5GBで収まる程度の通信量ならDMMの5GBプランで問題ありません。

5GBをオーバーするようであれば、BIGLOBEのライトSプランが6GBまで使える上に3日制限がなくてオススメです。

SIMが最大3枚利用可能な大容量プラン

プラン
7GB
8GB
10GB
15GB
20GB
月額
2,030円
2,311円
2,430円
4,935円
6,577円
SIM枚数
最大3枚
SMS
+162円/枚
音声通話
+756円/枚

こっちは最大3枚のSIMカードでデータ容量をシェアすることが可能なプランになります。

3枚ともデータ専用SIMの場合は追加費用は不要です。1枚ごとにSMS付きか音声通話付きかを選択することが可能です。

以下では1回線のみSMS or 音声通話付きを選んだ場合の料金を載せています。

7GB

データ通信のみ
SMS付き
音声通話付き
月額
2,030円
2,192円
2,786円

NTTぷららに対応して地味に値下げしました。

5GBまでのプランに比べると容量当たりの単価が高くなっていますが、複数枚のSIMで利用可能となっているので選択肢には入ります。

8GB

データ通信のみ
SMS付き
音声通話付き
月額
2,311円
2,473円
3,067円

うーん…

8GBプランはないな。7GBプランと10GBプランに比べて価格設定が中途半端です。てか要らないよね。

10GB

データ通信のみ
SMS付き
音声通話付き
月額
2,430円
2,592円
3,186円

なかなかコスパが良いプランです。

他社と比べると3日制限あり、公衆無線LANなしなどのデメリットはありますが、純粋に3GやLTEのデータ通信ができれば十分!という人にはオススメです。

15GB

データ通信のみ
SMS付き
音声通話付き
月額
4,935円
5,097円
5,691円

新プラン第2弾。

しかしデータ容量の単価がかなり高くなっています。。

DMMモバイルは1名義につき1回線しか契約できないんですよね。

可能なら複数名義で契約した方が安くなりますので、あまり出番がない気もします。

10GBプランと他社の上位プランを併用した方が安上がりかも…?

20GB

データ通信のみ
SMS付き
音声通話付き
月額
6,577円
6,739円
7,333円

新プラン第3弾。15GBプラン同様に割高です。

複数回線での利用が前提であれば、やはり他社のサービスと併用した方が結果的に安くなると思います。

それとも、1回線だけで20GBも大量に通信する人なんているんですかね?。。

値下げ対応の素晴らしい速さ

この安さで品質もそれなりに保っていて良いMVNOだと思います。特に値下げ対応の有言実行っぷりは見事。

公衆無線LANが不要ならDMMモバイル一択と言っても良いです。それだけ本当に安いです。

正直今回の新プランは魅力に欠けると思いますが…でも1GBと7GBの値下げだけでも十分良いんだよなあ。。

そんな感じで、DMMモバイルの新プランと料金についてざっくりとまとめてみました。オススメの格安SIMです。

-MVNO/格安SIM
-

スポンサーリンク


  著者情報

GARNET
このブログを管理している人。現在のメイン端末はGalaxy S8 SC-02JとZenFone 3 Deluxe ZS570KL。GARNET CROWが大好き。企業のメディアサイトでも執筆活動中。広告掲載や執筆依頼などのお問い合わせはこちらから。

  SNSでシェアしませんか?