MVNO/格安SIM

【ジムーバ】海外へ行くことを想定した格安スマホの選び方についての寄稿記事が公開されました

Authored by GARNET

United Nations of smartphone operating systems

いつの間にか2月になってました。なんでだろう?頭の中の日付は1月24日くらいで止まったままなのですが…。。。

そのいつの間にかの間に寄稿記事が新たに1記事公開されていたのでお知らせ。

現地のプリペイドSIMを購入したり、海外ローミング専用SIMを利用するならSIMロックフリーの端末を用意しましょうってお話です。確か。(ぇ

スポンサーリンク

海外でもスマートフォンを使いたいなら

公衆無線LANやレンタルWi-Fiルーターなどを利用するなら話は別ですが、海外でもSIMカードを挿して利用したいなら基本的にSIMフリー端末、もしくはSIMロックを解除した端末が必要です。SIMロックが掛かっていると現地のSIMや、MVNOが販売している海外ローミング専用SIMは利用できません。

まあMVNOが取り扱っている端末はほとんどがSIMフリーなんですけど、一部SIMロックが掛かっている端末が紛れていたりするので注意しましょう。最近発売された機種ならほぼほぼ大丈夫なはずですが。

あと端末の対応周波数帯(バンド)についてですが、IIJmioや楽天モバイルが取り扱っている海外ローミング専用SIMは現状LTE回線は提供していないので、これらを利用するのなら3GやGSMの対応状況のほうが重要ですね。その他、DSDSについても軽く説明しました。

ぶっちゃけSIMフリー市場の大多数を占めている中国や台湾メーカーの製品ならほとんどGSMに対応してるでしょうし、どれでも好きな機種を使えば良いと思わないこともないですが、一応選ぶ基準の参考(?)として3機種ほどピックアップしてみました。

そんな感じの話をなるべく噛み砕いて説明してみたつもりです。です。

海外でも国によってはプリペイドSIMを購入するよりもルーターをレンタルするほうが低コストだったりするみたいですが、レンタルはバッテリーが劣化しているかもしれないリスクがありますしね。スマホにSIMを挿せるならそれに越したことはないのかなって思います。

ところで、ブログを更新するのが久しぶり過ぎてキャラを思い出せません。最近は寄稿じゃなくガチのライターっぽい文章ばかり書いてたので、そもそもどんな文章を書いてたのかもよく分からなくなってます。いっそのこと、これを機にキャラ変えますか(ぇ

とりあえず現場からは以上です。

-MVNO/格安SIM
-

スポンサーリンク


  著者情報

GARNET
このブログを管理している人。現在のメイン端末はGalaxy S8 SC-02JとZenFone 3 Deluxe ZS570KL。GARNET CROWが大好き。企業のメディアサイトでも執筆活動中。広告掲載や執筆依頼などのお問い合わせはこちらから。

  SNSでシェアしませんか?