レビュー

ダブルセンサーで夜間に自動点灯するdodocoolのLEDライトを真っ暗な玄関に設置して使ってみた

暗闇で光るLEDセンサーライト

dodocool様より提供していただいたLEDセンサーライトのレビューを書きます。

モーションセンサーと明暗センサーを搭載しているこのLEDライトは、周囲の物体の動きを感知して、夜間や暗い場所でのみ自動的に点灯します。しっかりとした照明器具と比べると輝度はやや物足りないかもしれませんが、まあその辺は用途次第ではないでしょうか。

めちゃくちゃ個人的な話をすると自宅の玄関、照明の壁スイッチがかなり奥のほうにあるんですよね。手を伸ばせば靴を履いたまま押せないこともないんですが、夜帰宅した時なんかは真っ暗なのでかなり手探りな感じで、どうしてこんな位置に設置したのか、あるいは帰宅時にすぐ押せる位置にも設置しなかったのかと設計者を小一時間問い詰めたくなります。。

そんな不便(?)な玄関にこのLEDライトを設置してみたら、玄関に足を一歩踏み入れるとすぐに点灯してくれて、玄関の照明を点ける必要がなくなりました。元々付いてる照明と比べると暗いことは暗いですが、足元がはっきり見えるくらいには照らしてくれるのでこれだけでも十分です。

もう書きたいことは全部書いてしまった感もありますが、一応いつもと同じような感じで紹介したいと思います。はい。

スポンサーリンク


dodocool LEDセンサーライト

dodocoolのLEDセンサーライトのパッケージ

いつもと同じような簡素なパッケージに入っていました。かなりコンパクトなサイズです。

dodocoolのLEDセンサーライトの付属品

内容物はLEDライト本体とマグネットが仕込まれた台座、台座を固定するための両面テープとネジ、充電用のmicroUSBケーブルに取扱説明書です。

dodocoolのLEDセンサーライトのボタンとインターフェース

マグネットはそこそこ協力で、横向きに傾けても逆さまにしても、軽く揺すったぐらいでは外れないくらいしっかりとくっつきます…とは言え、天井からぶら下げたりするのは強めの地震が起きたりするとちょっと怖いかも。。

台座は球状に窪んでいて、ライトの照射方向をある程度自由に変えられます。そのため床に置いても真上の天井を照らしたりせず、一帯を明るく照らすことが可能です。

充電用のmicroUSBポートの両隣には2つの切り替えボタンがあります。片方は輝度の強弱ですが、もう一方は自動点灯から常時点灯へ切り替えるボタンです。懐中電灯としてはやや非力ですが、非常時には立派な照明代わりになります。

dodocoolのLEDセンサーライトの裏面

400mAhのリチウム電池を内蔵していますが、単4乾電池×3本で駆動させることもできます。

感想

玄関のような2~3畳くらいのスペースならこのLEDライトの明るさでも十分です。むしろ直視すると眩しいので、輝度はずっと弱のまま使っています。おかげさまで玄関の照明を点けることがなくなりました。

モーションセンサーの感知範囲は角度が150度、距離が4m以内ということで狭い場所で使うならまあ問題ないです。

電池持ちについては不明ですが…とりあえず満充電から2週間以上は連続で使えていますとだけ。LEDですし数か月は充電不要なんじゃないでしょうか。

マグネットの台座のおかげで設置場所を選ばないのが良いですね。小型ですし床に置いていても邪魔になりません。照射方向もわりと自由に変えられます。

で、このセンサーライトはAmazonにて1,399円で販売されているわけですが、今回もクーポンを提供していただいております。注文時に下記の割引コードを適用すると25%OFFの1,049円で購入可能です。

類似製品の相場とか全然知りませんが、まあ興味がある方はどうぞ。割引コードは6月15日まで有効です。

以上、dodocool様より提供していただいた製品のレビューでした。

過去にもモバイル周辺機器をいろいろ提供していただいてレビューを書いているので、よろしければそちらのほうもどうぞ。

-レビュー
-

スポンサーリンク


  SNSでシェアしませんか?