レビュー

Micro USBケーブルとType-C変換アダプタを内蔵したモバイルバッテリー dodocool DP12 レビュー

Authored by GARNET

モバイルバッテリーで充電中のスマートフォン

dodocool様よりMicro USBケーブルとUSB Type-C変換アダプタを内蔵したモバイルバッテリーを提供していただいたのでレビューします。

このモバイルバッテリーを1つ持ち歩くだけでMicro USBとUSB Type-C、2種類の規格の端末を充電することが可能です。

また本体に直付けされているMicro USBケーブルとは別でUSB-Aポートも1基搭載しているので、2台のデバイスを同時に充電することも可能ですし、Lightningケーブルを用意すればiPhoneやiPadも充電できます。

ただし付属のUSB Type-C変換アダプタは使用する端末を選びそうです。機種によっては他の変換アダプタを使用するか、USB-A to C変換ケーブルを使用したほうが良いかもしれません。

スポンサーリンク

dodocool モバイルバッテリー DP12

dodocool DP12のパッケージ

いつもと同じようなパッケージですが、Cool your lifeという文字列は初めて見た気がします。

dodocool DP12を開封した様子

蓋を開けてみると今までとは異なるやや高級な雰囲気。本体の素材はアルミニウム合金です。

dodocool DP12の内容物

同梱品は取扱説明書と会員登録のインビテーション、Micro USBケーブルが1本とポーチも付属していました。

このMicro USBケーブルとは別でもう1本のMicro USBケーブルが本体に直付けされています。

側面に爪を引っかけるところがあり、ここにUSB-AポートとMicro USBケーブル、それに変換アダプタが収納されています。

背面には各種認証マークやスペックを記載。本体の充電は最大5V/2Aまで対応。出力は各ポート最大5V/2.1Aですが、2ポート合計で最大3.1Aという制約もあるようです。とは言っても普通にスマホを充電する分には問題ないでしょう。

肝心のバッテリー容量は10,000mAh。これだけあれば大概のスマートフォンを2回はフルに充電することが可能です。

USB Type-Cで充電したい場合、Micro USBケーブルを外してこれを挿し込むことで変換アダプタを取り出します。

変換アダプタを収納する際は手で取り外して戻さなくてはいけませんが、ここでコネクタの裏表を間違えないように注意しましょう。もし逆にしてしまうと本体から生えているMicro USBケーブルが挿せないため取り出せなくなってしまいます。独立したMicro USBケーブルも付属しているので、これを持ち歩いていれば大丈夫ですけど。

モバイルバッテリーのMicro USBポート

本体充電用のMicro USBポートはケーブルの根本付近に搭載されています。

サイズ感は5インチクラスのスマートフォンを分厚くした感じ。5.2インチのHUAWEI P10 liteと4インチのiPhone SEを並べて比較してみるとちょうど中間くらいの大きさです。

厚みはP10 liteとnovaを2台重ねたのよりもちょっと薄いくらい。まさにスマートフォン2台分くらいですね。

ちなみに重量は公称205gです。Micro USBケーブルと変換アダプタを内蔵していますし、十分軽量な部類ではないでしょうか。

USB Type-Cのスマートフォンを充電してみる

Nexus 5Xを充電中の電流電圧を測定している様子

このモバイルバッテリーで所有しているUSB Type-Cのスマートフォンをいくつか充電してみました。

まずNexus 5Xについては付属の変換アダプタを使用しても特に問題なく充電されました。ディスプレイには急速充電と表示され、最大1.8Aほどの電流が流れました。

機種によっては充電スピードが遅くなる?

しかしZenFone 3 Deluxe ZS570KLやGalaxy S8 SC-02Jを付属アダプタで変換して充電すると、電流が0.4Aほどしか流れませんでした。

特にGalaxy S8では写真のような警告が表示されたので、何かしらの保護回路が働いているっぽいです。。

変換アダプタを介さず、USB-A to Cの変換ケーブルを使用すると問題なく充電できました。

どちらも安定して1.8A前後の電流が流れています。

また他社の製品ですが、Anker製のUSB Type-C変換アダプタを使用すると本体直付けのMicro USBケーブルでも問題なく充電できました。

他の検証した機種については、ZenFone 4 ZE554KLも同様に0.4Aほどしか流れませんでした。

HUAWEI novaはそこまで極端ではありませんが、変換ケーブルでは1.5Aくらい流れるのに、付属の変換アダプタだと1Aとやや低くなりました。

原因など詳しいことは分からないですが…とりあえず付属のUSB Type-C変換アダプタは充電する機種を選びそうです。

Nexus 5X充電時もモバイルバッテリー本体が異様に発熱するということはないですし、変な負荷がかかっているようには見えないのですが…

USB Type-Cの端末を高速で充電したいのであれば、機種によっては別途変換アダプタや変換ケーブルを持ち歩いたほうが良いのかもしれません。

Micro USBのスマホをメインで使用するなら問題ないと思います。

割引クーポン

今回もAmazonで使える期間限定の割引クーポンを提供していただきました。

割引率は20%。記事公開時点では2,319円で購入可能です。

クーポンの適用条件に販売元の指定が入っているので注意してください。

Micro USBケーブルを内蔵しているモバイルバッテリーを探している方は検討してみてはいかがでしょうか。

-レビュー
-, ,

スポンサーリンク


  著者情報

GARNET
このブログを管理している人。現在のメイン端末はGalaxy S8 SC-02JとZenFone 3 Deluxe ZS570KL。GARNET CROWが大好き。企業のメディアサイトでも執筆活動中。広告掲載や執筆依頼などのお問い合わせはこちらから。

  SNSでシェアしませんか?