レビュー

Huawei製有線イヤホン Honor Engine Earphones 2 AM13 レビュー

2017/09/12 Authored by GARNET

HUAWEI P10 liteと純正イヤホンAM13

TOMTOP様からの提供品レビュー第2弾。今回はHuawei製のカナル型有線イヤホン、Honor Engine Earphones 2 AM13のレビューを簡単に紹介します。

HuaweiのSIMフリースマートフォン、novaに搭載されているサラウンド機能は自社イヤホンに最適化した設定がいくつかプリセットされているのですが、肝心のイヤホンがどれも国内では正規販売されていないようで。以前からHuawei製イヤホンが少し気にはなっていました。

ちなみにこのイヤホンについても期間限定の割引クーポンを提供していただいているので、TOMTOPで購入する際はぜひご利用ください。

スポンサーリンク

Huawei Honor Engine Earphones 2 AM13

Honor Engine Earphones 2 AM13のパッケージ

AM13はhonorブランドのイヤホンらしいです。ちょっと変わったパッケージに収められています。

国内でhonorと言えばhonor 8が有名ですが、海外ではスマートフォン以外の製品も展開しているようですね。

Huaweiの有線イヤホンと取扱説明書

中身を取り出すと取扱説明書と、

Hauweiの有線イヤホンとイヤーピース

裏側にはイヤーピースがありました。

イヤーピースのサイズで3種類です。

Huaweiの有線イヤホンのハウジング

ハウジングにはASUS製品でよく見かえるようなスピン加工。グレーのせいかZenEar Sと比べると反射は鈍いですが、こちらもアルミボディでカッコいいです。

ケーブルもきしめんタイプで絡みにくいのがGOOD。

Huaweiの有線イヤホンのリモコン

リモコンは電源とボリュームアップ&ダウンの独立した3つのボタンが搭載されています。

Huaweiの有線イヤホンに施されたhonorロゴ

リモコンの裏面やプラグの根本はhonorのロゴ入り。

Huawei端末の付属イヤホンとAM13

P10 lite付属のイヤホンと比べると質感はAM13のほうが高いです。まあ付属イヤホンがチープと言うべきなんでしょうけど。

付属イヤホンは3つのボタンの境目が分かりにくくて押しづらいので、操作性の面でもAM13のほうが若干上ですね。

で、肝心の音質についてですが、高音がかなり刺さる感じで個人的には好みではありませんでした。動画の視聴だとセリフを聴き取りやすくて良いかもしれないですけどね。novaのサラウンド機能についても、最適化されてるとは言っても特別効果を感じるわけでもなく。

まあ音質に関しては好みではありませんでしたが、デザインはスタイリッシュで良い感じです。2,000円台のイヤホンにしては質感が高いと思います。P9やP10あたりのHuawei機とよく合いそう。

そんなAM13は下記の割引クーポンを適用すると5ドルOFFで購入可能です。海外から配送されるので日数はかかりますが、送料は無料なのでご安心を。

-レビュー
-, ,

スポンサーリンク


  著者情報

GARNET
このブログを管理している人。現在のメイン端末はGalaxy S8 SC-02JとZenFone 3 Deluxe ZS570KL。GARNET CROWが大好き。企業のメディアサイトでも執筆活動中。広告掲載や執筆依頼などのお問い合わせはこちらから。

  SNSでシェアしませんか?