NTTドコモ

2015年ドコモの学割系割引のまとめ。新規も機種変更でもU25なら適用可能!!

2015/04/05 Authored by GARNET

メガホンを持つ女子高生5

U25応援特割だけでなく、それ以外にも25歳以下の人(とその家族)に適用出来る、学割チックなキャンペーンについてまとめてみました。

応援特割は新規ユーザーでないと適用出来ず残念なモノになってしまいましたが、機種変更でも適用可能なキャンペーンはあります。

※キャンペーンの申込み期間、内容は随時変更される可能性があるので注意してください。

スポンサーリンク

家族まとめて割

U25に限定する前に一応これを。現在ドコモでは新規や機種変などの契約種別に関わらず、家族で同時購入すると得するキャンペーンを行っています。

条件は代表回線でシェアパックを契約、そしてそのシェアグループに加入すること。

1台当たり5,400円、同時に購入すれば本体代金から割り引かれます。これは複数台購入すればその分、割引額も増えます。

もう1つ特典があり、契約したシェアパックが15 or 20 or 30であれば代表回線に10,800円還元されます。これは月々の請求から割り引かれます。

新規/MNPで契約する場合に適用可能な割引キャンペーン

  • U25応援割:26歳になるまで540円/月 割引
  • U25応援特割:12か月間 1,458円/月 割引(総額17,496円割引)
  • U25スマホ&タブ割:24か月間 432円/月 割引(総額10,368円割引)

詳細は以前の各記事を参照してもらうとして(え…)、ざっくりと見て行きます。

新規の場合適用必須!!U25応援割

U25応援割の適用自体はスマホを購入する必要はなく、年中申し込みを受け付けています。正確には学生である必要はなく、25歳であればOKです。割引されるのは本人だけで、その家族には適用されません。

注意しないといけないのが、他の2つの割引キャンペーンを適用するためには機種購入時に適用させる必要がありますので、契約して後から適用~などとは言ってられません。新規(MNP)契約時に申し込まないといけません

具体的には、契約時に25歳以下であることを証明可能な保険証等の本人確認書類を必ず持参すること!!利用者登録をする場合でもです。契約名義人とする場合はこの他にも月々の支払いに使用するクレジットカードやキャッシュカードなども必要です。

参考:【docomo】カケホーダイで利用可能な学生向け割引について【U25応援割】

家族も新規なら適用可能 U25応援特割

個別で書いたところなので省略して大丈夫ですかね(ぉぃ

応援割は学25歳以下しか適用出来ませんが、応援特割を申し込めばその家族も適用可能になります。

契約名義人(利用者登録名)が異なってさえいれば1人につき1回線だけですが応援特割が適用可能ですので、新規(MNP)契約時には家族全員分の本人確認書類を忘れないようにしてください。特に保護者の方を名義人とする場合、中学生以下のお子さんの確認書類を持参していないってパターンが多いので。。

参考:2015年ドコモの学割はU25応援特割 シェアパック契約が必須で割引は最大1年間

最新機種ならU25スマホ&タブ割でさらにお得に

こちらはちょっと複雑ですがまず対象機種が限られており、iPhoneやiPadなどは対象外です

そして普通ドコモのスマホを購入する場合、音声契約に分類されるカケホーダイプラン(スマホ/タブ)を契約することになりますが、音声契約で適用するためにはU25応援割の適用が必須になってきます。つまり実質25歳以下である本人の1回線にしか適用出来ません。

逆に言うとデータプラン(スマホ/タブ)で契約する場合はU25応援割の適用は不要なので、名義人、あるいは利用者登録していれば複数回適用可能です。実際に試したことは無いですが

ただし、スマホがデータプランでも契約可能であることを利用して複数回線適用しようとしても、MNPの場合は音声契約しか出来ませんので注意が必要です。新規契約であれば初めからデータプランを選択可能なので複数回線適用かと思います。

月々サポートを増額という形で割引されるので、こちらも契約時にしか適用することが出来ませんの注意が必要です。

参考:U25スマホ&タブ割について

機種変更で契約する場合に適用可能な割引キャンペーン

  • U25応援割:26歳になるまで540円/月 割引
  • U25スマホ&タブ割:24か月間 432円/月 割引(総額10,368円割引)

U25応援割

新規/MNPの場合と特に変わりはありません。

強いて言うなら、別に機種変更時などでなくてもいつでも申し込むことが可能です

契約名義人が保護者になっている場合などは利用者登録制度を利用しましょう。ドコモショップの他、WEBのMy docomoからも申込みが可能です。

U25スマホ&タブ割

既存ユーザーならデータプランのまま機種変更することが可能なので、名義変更や利用者登録、音声契約とデータ契約の変更を駆使すれば複数、というか全回線に適用することも不可能ではないですそこまで面倒なことをする人がどれだけいるのかは知りませんが。。

もしタブレットが欲しい人がいれば、次の記事で紹介しているおとりかえタブレット割も利用すると効果的です。半年以上機種変更していない人なら25歳以下でなくても適用可能です。

参考:おとりかえタブレット割について

まとめ:新規も機種変更も結構おトク?

先日は今年の学割はがっかりしたと書きましたが、あれはあくまで応援特割だけを見た時の話。元々U25応援割がそこそこ魅力的な割引ですし、ここで紹介したキャンペーンを全部適用すればそれなりにおトクなんじゃないかなあと思います。

他にも25歳以下とか関係なく適用出来るキャンペーンもいろいろありますので、よろしければ参考にしてください。

参考:極限まで得する!!docomoスマホの購入費用を安くする方法について考えてみる

参考:ドコモのXiルーター割の割引額が増額!! 一括0円で購入出来れば維持費も0円で美味しい?

-NTTドコモ
-, , , , , , ,

スポンサーリンク


  著者情報

GARNET
このブログを管理している人。現在のメイン端末はGalaxy S8 SC-02JとZenFone 3 Deluxe ZS570KL。GARNET CROWが大好き。企業のメディアサイトでも執筆活動中。広告掲載や執筆依頼などのお問い合わせはこちらから。

  SNSでシェアしませんか?