真紅のモバイル生活(改)

通信費の節約などスマートフォンに関する話題を綴るブログ

Review

【レビュー】ZenFone 3 Deluxe ZS570KL専用 ASUS純正クリアケースを使用してみた感想

2016/12/26

ASUS純正クリアケースを装着したZenFone 3 Deluxe ZS370KL

少しでも破損や故障のリスクを抑えたいのでASUS純正のクリアケースを購入しました。税込10万円近いですからね、ZenFone 3 Deluxe ZS570KLは。。

同じく純正のView Flip Coverも購入しましたが、とりあえずクリアケースだけで使用しています。

せっかく購入したので使用感などのレビューを書いておきます。

スポンサーリンク


純正クリアケースを装着して使ってみる

ZenFone 3 Deluxe ZS370KL専用 ASUS純正クリアケース

ケースを装着すると一回り大きなって重量が増えたり、素材によっては熱がこもったり電波の掴みが悪くなるなどデメリットが少なくないので、基本的にケースなどのアクセサリー類は使用しない派です。が、メーカー純正品となると話は別です。特にフリップカバーは大好物です。大好物って何やねん。

ZenFone 3 Deluxe ZS570KLを裸の状態で数日間使ってみて、GARNETの使い方ではほとんど発熱しないことを確認してからまずはこのクリアケースを装着して使ってみました。楽しみは後に取っておく派です。

このクリアケースの素材はポリウレタン、いわゆるTPUケースですね。軽量でやや柔軟性を持ちながらも衝撃に強い素材です。

因みにパッケージから取り出してみると、ご丁寧なことにケース両面に保護用のシールが貼り付けられていました。

ASUS純正クリアケースに刻まれたASUS COLLECTIONのロゴ

クリアケースですが全くの無地というわけではなく、背面下部にASUS COLLECTIONの文字が入っています。

ASUS純正クリアケースを装着したZenFone 3 Deluxe ZS570KLを下から見た様子

本体底面にはUSB Type-Cポート以外にマイクやスピーカーが配置されているので仕方ありませんが、ケースで覆われる部分は少なめです。

裏側はギリギリ保護されているので大丈夫ですが、表側のエッジをピンポイントでぶつけてしまうとアウトです。。

ASUS純正クリアケースを装着したZenFone 3 Deluxe ZS570KLを上から見た様子

上部に関してはイヤホンジャックしかありませんが、底面と同じくらいしか覆われていないのでこちらも注意したほうが良さげです。

側面の電源ボタンや音量ボタンの周辺もやはり覆われていません。SIMスロットがある反対側の側面は全てきっちり覆われて保護されています。

ASUS純正クリアケースを装着したZenFone 3 Deluxe ZS570KLの背面

第3世代ZenFoneシリーズは背面カメラが飛び出ているのがちょっと残念だったりしますが、クリアケースを装着するとこのデメリットが解消されます。

また指紋認証センサーのところは大きめにくり抜かれているので、認証しにくくなるような弊害は全くありませんでした。これはセンサーの認証スピードと精度が高いおかげもあるかもしれません。

指紋認証センサーの完成度が素晴らしい

指紋認証の話が出たのでちょっと横道に逸れますが、ZenFone 3 Deluxe ZS570KLの指紋認証センサーの完成度は素晴らしいです。とても今回の第3世代で初めて搭載したとは思えません。Xperiaシリーズで初めて搭載したZ5の指紋認証なんてまるで使い物にならなかったというのに。

Nexus 5X、iPhone SE、Galaxy S6 edgeなど…他にも指紋認証センサーを搭載している機種をいくつか使用してきましたが、少なくとも今所有している端末の中では最も素早く、確実に認証してくれます。

まあ他メーカーも最新機種の認証精度はもっと良くなっているのかもしれませんが、とにかくZS570KLの指紋認証に不満はありません。素晴らしい出来だと思います。

純正クリアケースを装着して使ってみた感想

先述の通り、クリアケースを装着しても指紋認証センサーは問題なく使用できます。

ケースの重量は公称15gでほとんど気になりません。本体重量と合わせると約187gにもなりますが、5.7インチであることを考慮すればまあ受け入れられるレベルです。裸の状態と比べると滑りやすくなってしまいましたがそれは仕方ありません。。

本体同様側面は丸みを帯びていて背面も緩くラウンドしているので、一回り大きくなっても持ちにくくなったとは感じません。左右のベゼルがかなり狭いので、元々横幅は短めですしね。

ただし5.5インチクラスの端末を大きく感じる人なら、ケースを付けたZS570KLを片手で操作するのは無理ゲーだと思います。両手で操作するか、片手モードの利用が必須でしょう。

机に置くときに気を使わなくても大丈夫

カメラ周辺が出っ張っているので机に置くときはちょっと気を使わないといけませんでしたが、クリアケースを装着したことでそれも解決しました。

因みに机に置いたままだと指紋認証できませんが、ディスプレイをダブルタップすることで画面スリープを解除するZenMotionのタッチジェスチャー機能はZS570KLでも健在です。パスワードやパターンロックなどの設定が必要ですが、机に置いたままでも簡単に画面ロックを解除することができます。

また裏向けて置く場合でも、ディスプレイが机に接しなくなるので傷付ける心配がなくなります。

ZenFone 3 Deluxeの保護にオススメ

他のサードパーティ製のケースを使ってみたわけじゃありませんし使う予定もありませんが、普通に人にオススメできる製品だと思います。メーカー純正なのでサイズもぴったりですし。はい。

ASUS公式オンラインショップでの販売価格は1,707円。1回の購入金額が30,000円以上だと送料は無料になるので、ケース単品よりも端末とセットで注文するのが良いでしょう。

-Review
-,

スポンサーリンク


  SNSでシェアしませんか?